転職活動のノウハウ

短期離職2回目はやっぱり転職に不利?再就職を成功させるコツ

  • 短期離職2回目は転職で不利?
  • 年齢による違いはある?
  • 次の転職ではミスマッチを防ぎたい。自分に合った仕事に出会うには?
  • 面接で退職理由について質問されたときの高評価になる返し方は?

人間関係や仕事内容などが原因で、入社して1年未満で会社を辞めてしまう。

そんな「短期離職」を繰り返す人が抱えている悩みの中で、一番大きいのは「短期離職は次の転職で不利になるかどうか」ということではないでしょうか。

特に短期離職が2回目となると、再就職にどの程度影響があるか気になりますよね。

そのような悩みや不安を解消するべく、

この記事では短期離職2回目で不利になる年代面接で好印象を与える受け答え方法を解説します。

短期離職を繰り返していて再就職に不安を持つ人の役に立つ内容になっていると思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「短期離職2回目」 は転職に不利?

「短期離職」は、入社してから勤続1年未満で退職した状態を指します。

その短期離職が2回目という場合、会社側のとらえ方は「その人が20代か30代以降か」によって大きく変わります。

どのように違うのか、またなぜ違うのか、その理由を解説します。

20代だと短期離職をしていても転職しやすい

なぜなら20代の転職の場合、どのような職種・業界であっても未経験者採用が基本となるからです。

実際に転職サイトでも、第二新卒(学校卒業後3年以内)を対象とした求人が多く取り上げられています。

採用者側は20代を「柔軟性」「吸収力」があると評価します。

また、20代なら自社の理念に沿った社会人として育成しやすいと考えています。

そのため、20代であれば短期離職を2回繰り返していてもそれほど気にする必要はありません。

これは20代ならではの特権と言えます。

30代以降になると厳しくなる

30代を過ぎるとある程度社会経験を積んでいるため、中途採用をしても会社に馴染みにくいと評価されてしまうことがあります。

一つの会社で腰を据えて働く覚悟がないと思われたり、

「短期離職が2回目だからうちにも定着できずにすぐに辞める」と採用者側が感じたりするケースも。

また未経験職種に対するやる気や熱意などをアピールしても、実績がないため根拠がないように聞こえてしまいがちです。

そのため、30代以降の短期離職2回目は転職で不利になると理解しておいた方がよいでしょう。

転職先で同じ失敗をしないために

短期離職を2回繰り返すということは、退職せざるを得なかった大きな原因があるのではないでしょうか。

次の転職先で同じ失敗をしないためには、その原因を冷静に振り返ることが大事です。

なぜ短期間で転職したのか整理する

短期間で離職した理由を自分で整理すると、つまづいた原因がわかるので次の転職に活かせます。

Sponsored Links

人間関係がうまく築けなかったのか、会社の文化に肌が合わなかったのか、仕事にやりがいを感じなかったのか、などを考えてみましょう。

例えば人間関係の場合、コミュニケーションが思うように取れなかった理由上司との関係が良くなかった理由を振り返ってみてください。

会社の文化が原因の場合、その会社で長い時間をかけて築き上げられたものと自分との相性が合わなかった、というケースもあるでしょう。

仕事にやりがいを感じなかった場合、入社する前のリサーチ不足面接時・入社時の確認が不十分だったということも考えられます。

自分でコントロールできるものは何か把握する

この3つの中であなたが選んで判断できるのは「やりがいのある仕事かどうか」という点のみです。

残念ながら人間関係や会社の文化は、自分一人の力ではコントロールできません。

短期離職を繰り返さないためには、自分でコントロールできる要素を把握した上で十分なリサーチを行い「この仕事ならやりがいを持って長く働けそう」と思う職種を選びましょう。

面接で「なぜ短期間で退職されたのですか?」と聞かれた時の返答方法

採用者側が気になるのは「自社でも同じように短期間で辞めてしまうのでは?」という点です。

ここからは、面接で短期間での離職理由を聞かれたときの返答方法について解説していきます。

退職理由は「ネガティブ→ポジティブ変換」で

退職理由を話すときは、ネガティブな感情や表現をポジティブなものに変換して伝える必要があります。

なぜなら、退職理由としてネガティブなことを言うと「また辞めそう」と思われる可能性が高いからです。

そのような印象を与えない答え方について、具体例を挙げてみましょう。

退職理由が人間関係の場合

個人主義が強い職場で人間関係が築けなかった(ネガティブ)

チームの一員として貢献できる仕事に取り組みたい(ポジティブ)

退職理由が待遇面での不満の場合

給与や待遇に不満があった(ネガティブ)

実績をきちんと評価してもらえる会社で業績に貢献したい(ポジティブ)

このように言葉を少し変えるだけで、ネガティブな表現ポジティブな表現になります。

「御社だからこそ応募しました」というアピールを考える

面接では「御社だからこそ応募しました」「御社が第一志望です」と断言しましょう。

あなたがその会社に惹かれた動機などを熱く伝えることで、短期離職を繰り返していても採用者側に良い印象を与え、採用される可能性が高くなります。

さらに企業が求めている人材経営理念を把握しておくと、良いアピール材料になります。

企業のホームページに掲載されている新卒向けの採用情報を見ると、どのような人材を求めているのかがわかります。

その人物像と自分との間に共通点を見つけて、自己PRに繋げると好印象です。

また会社の経営理念は「会社としてのベクトル」を示しています。

そのベクトルに向かって共感できること・頑張れることがあればしっかりとアピールしましょう。

転職エージェントを活用しよう

短期離職を繰り返している場合、個人で応募するとアピールが不十分なため不利になることがあります。

そんなときは第三者として間に入る転職エージェントを利用すると、短期離職をしていても転職しやすい企業など様々なアドバイスがもらえます。

企業の強みや社風なども説明してくれるため、内定を得た後に感じる入社前の不安が減るのでおすすめです。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.