転職活動のノウハウ

短期離職2回目はやっぱり転職に不利?再就職を成功させるコツ

  • 短期離職2回目は転職で不利?
  • 年齢による違いはある?
  • 次の転職ではミスマッチを防ぎたい。自分に合った仕事に出会うには?
  • 面接で退職理由について質問されたときの高評価になる返し方は?

人間関係や仕事内容などが原因で、入社して1年未満で会社を辞めてしまう。

そんな「短期離職」を繰り返す人が抱えている悩みの中で、一番大きいのは「短期離職は次の転職で不利になるかどうか」ということではないでしょうか。

特に短期離職が2回目となると、再就職にどの程度影響があるか気になりますよね。

そのような悩みや不安を解消するべく、

この記事では短期離職2回目で不利になる年代面接で好印象を与える受け答え方法を解説します。

短期離職を繰り返していて再就職に不安を持つ人の役に立つ内容になっていると思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「短期離職2回目」 は転職に不利?

「短期離職」は、入社してから勤続1年未満で退職した状態を指します。

その短期離職が2回目という場合、会社側のとらえ方は「その人が20代か30代以降か」によって大きく変わります。

どのように違うのか、またなぜ違うのか、その理由を解説します。

20代だと短期離職をしていても転職しやすい

なぜなら20代の転職の場合、どのような職種・業界であっても未経験者採用が基本となるからです。

Sponsored Links

実際に転職サイトでも、第二新卒(学校卒業後3年以内)を対象とした求人が多く取り上げられています。

採用者側は20代を「柔軟性」「吸収力」があると評価します。

また、20代なら自社の理念に沿った社会人として育成しやすいと考えています。

そのため、20代であれば短期離職を2回繰り返していてもそれほど気にする必要はありません。

これは20代ならではの特権と言えます。

30代以降になると厳しくなる

30代を過ぎるとある程度社会経験を積んでいるため、中途採用をしても会社に馴染みにくいと評価されてしまうことがあります。

一つの会社で腰を据えて働く覚悟がないと思われたり、

「短期離職が2回目だからうちにも定着できずにすぐに辞める」と採用者側が感じたりするケースも。

また未経験職種に対するやる気や熱意などをアピールしても、実績がないため根拠がないように聞こえてしまいがちです。

そのため、30代以降の短期離職2回目は転職で不利になると理解しておいた方がよいでしょう。

転職先で同じ失敗をしないために

短期離職を2回繰り返すということは、退職せざるを得なかった大きな原因があるのではないでしょうか。

次の転職先で同じ失敗をしないためには、その原因を冷静に振り返ることが大事です。

なぜ短期間で転職したのか整理する

短期間で離職した理由を自分で整理すると、つまづいた原因がわかるので次の転職に活かせます。

Sponsored Links

人間関係がうまく築けなかったのか、会社の文化に肌が合わなかったのか、仕事にやりがいを感じなかったのか、などを考えてみましょう。

例えば人間関係の場合、コミュニケーションが思うように取れなかった理由上司との関係が良くなかった理由を振り返ってみてください。

会社の文化が原因の場合、その会社で長い時間をかけて築き上げられたものと自分との相性が合わなかった、というケースもあるでしょう。

仕事にやりがいを感じなかった場合、入社する前のリサーチ不足面接時・入社時の確認が不十分だったということも考えられます。

自分でコントロールできるものは何か把握する

この3つの中であなたが選んで判断できるのは「やりがいのある仕事かどうか」という点のみです。

残念ながら人間関係や会社の文化は、自分一人の力ではコントロールできません。

短期離職を繰り返さないためには、自分でコントロールできる要素を把握した上で十分なリサーチを行い「この仕事ならやりがいを持って長く働けそう」と思う職種を選びましょう。

面接で「なぜ短期間で退職されたのですか?」と聞かれた時の返答方法

採用者側が気になるのは「自社でも同じように短期間で辞めてしまうのでは?」という点です。

ここからは、面接で短期間での離職理由を聞かれたときの返答方法について解説していきます。

退職理由は「ネガティブ→ポジティブ変換」で

退職理由を話すときは、ネガティブな感情や表現をポジティブなものに変換して伝える必要があります。

なぜなら、退職理由としてネガティブなことを言うと「また辞めそう」と思われる可能性が高いからです。

そのような印象を与えない答え方について、具体例を挙げてみましょう。

退職理由が人間関係の場合

個人主義が強い職場で人間関係が築けなかった(ネガティブ)

チームの一員として貢献できる仕事に取り組みたい(ポジティブ)

退職理由が待遇面での不満の場合

給与や待遇に不満があった(ネガティブ)

実績をきちんと評価してもらえる会社で業績に貢献したい(ポジティブ)

このように言葉を少し変えるだけで、ネガティブな表現ポジティブな表現になります。

「御社だからこそ応募しました」というアピールを考える

面接では「御社だからこそ応募しました」「御社が第一志望です」と断言しましょう。

あなたがその会社に惹かれた動機などを熱く伝えることで、短期離職を繰り返していても採用者側に良い印象を与え、採用される可能性が高くなります。

さらに企業が求めている人材経営理念を把握しておくと、良いアピール材料になります。

企業のホームページに掲載されている新卒向けの採用情報を見ると、どのような人材を求めているのかがわかります。

その人物像と自分との間に共通点を見つけて、自己PRに繋げると好印象です。

また会社の経営理念は「会社としてのベクトル」を示しています。

そのベクトルに向かって共感できること・頑張れることがあればしっかりとアピールしましょう。

転職エージェントを活用しよう

短期離職を繰り返している場合、個人で応募するとアピールが不十分なため不利になることがあります。

そんなときは第三者として間に入る転職エージェントを利用すると、短期離職をしていても転職しやすい企業など様々なアドバイスがもらえます。

企業の強みや社風なども説明してくれるため、内定を得た後に感じる入社前の不安が減るのでおすすめです。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.