仕事の悩み

無断欠勤後の電話が怖い…。罪悪感に包まれ最低な気分にいるあなたが今すぐすべきこと

  • あまりにも仕事が嫌すぎて、上司や先輩に無断で欠勤してしまった…。
  • 電話連絡せずすでに1日以上経っている状態。
  • でも怒鳴られるのが怖い…。どうしても連絡できない。

「会社を無断欠勤した後に、会社からなんの連絡もない…。」

↑これ、精神的にかなりヘビーですよね。

(いっそ「お前何やってんだ!」と怒鳴ってくれる方が楽になれたりする)

以下では、無断欠勤をしてしまった後の会社への電話連絡の仕方を解説します。

参考にしてみてください。

無断欠勤をしてしまった後の会社への電話のかけ方

無断欠勤 電話 怖い

(無断欠勤をしてしまった後の会社への電話のかけ方)

↓実際に電話をするときは、以下のように伝えてみてください。

無断欠勤後の電話連絡の仕方

  • ①直属の上司に電話口に出てもらう
    (お疲れ様です。〜です。〜さんはいらっしゃいますか?)
  • ②まずは連絡が遅くなったことを謝る
    (お疲れ様です。〜です。ご連絡遅くなってしまい申し訳ありません)
  • ③現在のあなたの健康状態について伝える
    (実は昨日から体調を崩しておりまして、ちょっと出勤するのが難しい状態です)
  • ④※ここでおそらく上司から「連絡をしなかったこと」に対する叱責があります
    (口答えなどはせず、心を無にして謝りましょう)
  • ⑤次は何日に出勤できるのか伝える
    (具体的な日にちと曜日を伝えましょう)
  • ⑥最後にもう一度謝罪して電話を切る
    (ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。以後気をつけます)

上司から叱責されるのが怖い…という方へ

無断欠勤 電話 怖い

(無断欠勤後の電話ではある程度の叱責は覚悟しましょう)

無断欠勤をしてしまっている以上、上司や先輩からある程度の叱責は避けられません。

場合によってはかなりきびしい言葉が来ることも覚悟しておきましょう。

特に、電話というのは相手もあなたも顔が見えませんから、感情がエスカレートしてしまうケースがあります。

上司や先輩といえども人間ですから、感情のコントロールを失ってしまうことはあるのです。

そういうときに「ですが…」と口答えなんてしようものなら相手はさらに怒り狂ってしまいます。

ここはぐっと耐えるしかありません。

しんどいと瞬間とは思いますが、社会人になるというのはこういうことです。

自分で電話するのが本当に無理…どうしても怖い。という方へ

ここまで読まれた方の中には、「それでもどうしても電話は無理…。」と思う方もいらっしゃるでしょう。

また、「なんでそこまでして会社にペコペコしないといけないの?奴隷じゃないんだから…。」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方のために、別の選択肢をお教えします。

(※ただし、以下はすでに「今の会社はとりあえず辞める。別の仕事を探す」という退職の意思が固まっている方向けです)

↓パワハラな上司に退職を伝えるのが怖すぎる。自分でとても伝えられる気がしない…。という方は、退職代行を使ってみるのも1つの手です。

退職代行EXIT

退職代行とは、簡単に言えば「会社を辞めることに関してやらないといけない、めんどくさいこと全部を代わりにやってくれるサービス」です。

退職願の提出〜会社から借りているものの返却まで、すべて代行してくれます。

(退職手続き後には会社からあなたに対して連絡がくることすらありません)

正直に言って、あなたがすでに今の会社を退職する気持ちになっているなら、その会社に対してあなたが気を使っても1円の得もありません。

あなたがどんなに重要なポストについていたとしても、会社からしてみればあなたの代わりはいくらでもいます。

自分が辞めたら迷惑がかかるかも…。

なんて真剣に悩んでいるのは、実はバカバカしいことなのです。

(会社の方はあなたがつらい思いをしてやむなく欠勤していることなんて、忘れている可能性すらあります。そんな会社のために1秒でも悩む価値はありますか?)

無駄な悩みに人生の貴重な時間を費やすのはやめましょう。

今の会社はさっさとやめて次に行きたいなら、行動あるのみです。

↓この金額で退職に関するストレスをすべて引き受けてくれるなら安いものですよ。

>>今すぐ退職代行サービスを使って苦しみから抜け出す

無断欠勤するほど行きたくない今の職場にい続けますか?

無断欠勤 電話 怖い

(まじめなあなたが無断欠勤したくなるほど行きたくない…と感じる職場は異常かも)

この記事を読んでいる人は、きっと本来はとてもまじめな人なのでしょう。

Sponsored Links

(そうでなければわざわざ電話の仕方を調べたりしないはずです)

そんなまじめなあなたが、「無断欠勤をしてまで行きたくない職場」というのはちょっと問題があるかもしれません。

↓具体的には、あなたの今の職場は以下のどれかに該当しないでしょうか?

今の職場にあてはまるものはない?

  • 上司や先輩がいつも怒っている。理不尽に怒鳴ってくることもある。
  • 教えてもらったことのない仕事をやらされ、失敗したらまた怒鳴られる。
  • 社内で気軽に話せる人が一人もいない。年齢的に近い同期もいない。
  • 今の仕事は本来まったく興味のない仕事だけれど、とりあえず就職しないといけないので選んだ。
  • いつも上司にビクビクしながら仕事をしている。
  • 業務時間が長く、プライベートのために使える時間がほとんどない。
  • こんなに苦しみながら仕事をしても、もらえる給料は毎月20万円ちょっと…。生活費を払ったら数万円程度しか残らない。
  • 今までずっとまじめにやってきたけど、上司はちっとも評価してくれない。ほめてくれない。

あなたの職場が、上のどれか一つにでもあてはまるのなら、今の職場に居てもいいのか?を本格的に考えるべき時が来ているのかもしれません。

具体的には、転職を検討するべき時が来ているのかもということですね。

もちろん、入社してまだ間もない人の場合には(特にまじめすぎるあなたは)、以下のように感じてしまうでしょう。

  • 入社してまだそんなに期間がたっていない。いま転職なんてしたらどこも採用してくれないかも…。
  • 石の上にも三年というし…。まわりから根気がない弱い人間だと思われるかも。
  • 仕事なんて本来しんどいものだと思うし、給料をもらえる以上ちゃんと働かないと。

しかし、あなたの職場の人たちは、あなたの人生に責任を持ってくれるわけではありません。

退職代行サービスを見る

10年後にどんなあなたになっていたいですか?

今から10年後を想像してみてください(あなたよりも10年早く入社した先輩の姿をイメージしてもらってもかまいません)

その姿は、本当にあなたがなりたかった姿でしょうか?

仕事はあなたの人生のほとんどの時間を使う活動です。

今から30年以上にわたって継続することになる仕事を、毎日辛い思いをしながら続けたいですか?

または、毎日気の合う仲間に囲まれ、楽しみながら一生懸命仕事をし、その結果として高い給料をもらいながら充実した生活をしたいでしょうか?

…絶対に後者ですよね。

あなたの人生を変えることができるのはあなた自身ししかいません。

今すぐ転職活動という行動を起こすことを検討してみてください。

あなたが今20代なら、あなたを欲しい会社はごまんとあります

無断欠勤 電話 怖い

(20代の人材を「のどから手が出るほど欲しい」と考えている会社はごまんとあります)

とはいっても、「職場が嫌で短期間でやめてしまった自分を採用してくれる会社なんてどこにもないんじゃ…」と不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、あなたが現在20代なら、こういった心配はほとんどないと断言できます。

学校を卒業してから3年〜5年以内で、20代の転職希望者の方を、転職市場では「第二新卒」と呼びます。

企業側からすると、この第二新卒の人たちは「のどから手が出るほど欲しい人材」なのです。

その理由としては、次の3つが挙げられます。

企業側が第二新卒を欲しがる理由

  • 社会人としての最低限のマナー教育は受けているので、本当にゼロからの新人教育をする手間がはぶける(企業にとって、新人研修はコストです)
  • まだ別の会社のカラーに染まっていないので、自社の環境に慣れてもらいやすい。
  • あなたと同じように入社してから短期間で退職を検討する人は比較的たくさんいるので、若手の欠員補充ニーズは常にある。

あえておおざっぱにいうと、20代の方は「どこでも未経験で入社できる」状態と言えるでしょう。

新卒の時には選択肢に入れることができなかった大手企業であっても、第二新卒としてなら転職の選択肢に入れることは可能です。

ただし、「黄金期」はそれほど長く続かない

無断欠勤 電話 怖い

(転職では、行動が早い人ほど勝ち組になるのが現実です)

このように、20代の方にとっての転職市場は非常に有利な状況で、まさに「黄金期」ということができるでしょう。

しかし、「それなら行動するのはいつでもいいか…」と考えると、決してそうではないことに注意してください。

転職は、年齢的に若い人ほど有利になるのが鉄則です。

あなたが今26歳なら、25歳の人に比べるとやや不利になってしまいます。

あなたが今25歳11ヶ月なら、25歳10ヶ月の人に比べると不利な扱いを受けてしまうのです。

何がいいたいかというと、転職に関しては行動を少しでも早く起こしたもの勝ちだと言うことです。

行動を起こすのが1日遅くなると、せっかく採用される可能性のあった優良企業の高年収の求人が、別の20代の人に持っていかれるかもしれません。

20代の転職は有利だと言っても、ライバルがいるのも事実です。

少しでも有利に転職活動を進めていくためには、少しでも早く行動を起こすことが必要であることをぜひ理解しておいてください。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.