転職活動のノウハウ

無断欠勤後の電話が怖い…。罪悪感に包まれ最低な気分にいるあなたが今すぐすべきこと

更新日:

無断欠勤 電話 怖い

(無断欠勤後の電話が怖い…。まじめすぎるあなたが今すぐやるべき行動は?)

読者さんの質問

上司や先輩に連絡せず、無断欠勤をしてしまいました。

もう会社を休んで2日もたっていますが、会社からはなんの連絡もありません…。

電話した方が良いのはわかっているんですけど、何を言われるかとにかく怖いので行動できていない状態です。

できればこのままフェードアウト(退職)したいです…。

でもさすがにそれはできないので何かアクションしないとだめですよね。

こんな私に何かアドバイスをください。

ご質問ありがとうございます。なかなかしんどい状況ですね。

会社を無断で休んでいるのに、会社からなんの連絡もない…。というのは精神的にかなりヘビーだと思います。

(いっそ「お前何やってんだ!」と怒鳴ってくれる方が楽になれたりする)

ただ、会社側としては今後のことも考えて、あえてあなたの側から連絡が来るのを待っているのかもしれません

心配しないでも、会社側としては社員が無断欠勤の1回や2回することぐらいは想定済みです。

(無断欠勤をしてしまった人は、あなたの過去にもたくさんいたはずです)

なので、ちょっとでも早く会社に電話連絡しましょう。

実際に電話をするときは、以下のように伝えてみてください。

無断欠勤後の電話連絡の仕方

  • ①直属の上司に電話口に出てもらう(お疲れ様です。〜です。〜さんはいらっしゃいますか?)
  • ②まずは連絡が遅くなったことを謝る(お疲れ様です。〜です。ご連絡遅くなってしまい申し訳ありません)
  • ③現在のあなたの健康状態について伝える(実は昨日から体調を崩しておりまして、ちょっと出勤するのが難しい状態です)
  • ④※ここでおそらく上司から「連絡をしなかったこと」に対する叱責があります(口答えなどはせず謝りましょう)
  • ⑤次は何日に出勤できるのか伝える(具体的な日にちと曜日)
  • ⑥最後にもう一度謝罪して電話を切る(ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。以後気をつけます)

ポイントは④です。

上司(または先輩など)は、その人の立場上、あなたのことを叱責しなくてはなりません。

誰も他人に嫌われたくはありませんし、人を叱責するというのはなかなかエネルギーがいるものです。

(あなたも経験があるでしょう)

場合によってはかなりきびしい言葉が来るかもしれませんが、相手は立場上そのような態度をとっているのだということを理解した上で、甘んじて受けましょう。

どのような理由があるにせよ、無断での欠勤は社会人としてすべきことではありません。

どんなに職場に不満があったとしてもこの点だけは謝罪するようにしましょう。

電話を受ける相手も仕事、電話をするあなたも仕事です。

無断欠勤の電話連絡も仕事のうちと考えて、ストレスの大きなことは「えいやっ」で終わらせてしまいましょう。

さらに言えば、相手はあなたの親族でも彼氏彼女でもない、アカの他人です。

最悪嫌われようが陰口を叩かれようが、別にどうってことはありませんよ。

↓ただし、次で説明する内容はあなたの人生にとってとても重要ですので、ぜひしっかり読んでください。

無断欠勤するほど行きたくない今の職場にい続けますか?

無断欠勤 電話 怖い

(まじめなあなたが無断欠勤したくなるほど行きたくない…と感じる職場は異常かも)

この記事を読んでいる人は、きっと本来はとてもまじめな人なのでしょう。

(そうでなければわざわざ電話の仕方を調べたりしないはずです)

そんなまじめなあなたが、「無断欠勤をしてまで行きたくない職場」というのはちょっと問題があるかもしれません。

↓具体的には、あなたの今の職場は以下のどれかに該当しないでしょうか?

今の職場にあてはまるものはない?

  • 上司や先輩がいつも怒っている。理不尽に怒鳴ってくることもある。
  • 教えてもらったことのない仕事をやらされ、失敗したらまた怒鳴られる。
  • 社内で気軽に話せる人が一人もいない。年齢的に近い同期もいない。
  • 今の仕事は本来まったく興味のない仕事だけれど、とりあえず就職しないといけないので選んだ。
  • いつも上司にビクビクしながら仕事をしている。
  • 業務時間が長く、プライベートのために使える時間がほとんどない。
  • こんなに苦しみながら仕事をしても、もらえる給料は毎月20万円ちょっと…。生活費を払ったら数万円程度しか残らない。
  • 今までずっとまじめにやってきたけど、上司はちっとも評価してくれない。ほめてくれない。

あなたの職場が、上のどれか一つにでもあてはまるのなら、今の職場に居てもいいのか?を本格的に考えるべき時が来ているのかもしれません。

具体的には、転職を検討するべき時が来ているのかもということですね。

もちろん、入社してまだ間もない人の場合には(特にまじめすぎるあなたは)、以下のように感じてしまうでしょう。

  • 入社してまだそんなに期間がたっていない。いま転職なんてしたらどこも採用してくれないかも…。
  • 石の上にも三年というし…。まわりから根気がない弱い人間だと思われるかも。
  • 仕事なんて本来しんどいものだと思うし、給料をもらえる以上ちゃんと働かないと。

しかし、あなたの職場の人たちは、あなたの人生に責任を持ってくれるわけではありません。

10年後にどんなあなたになっていたいですか?

今から10年後を想像してみてください(あなたよりも10年早く入社した先輩の姿をイメージしてもらってもかまいません)

その姿は、本当にあなたがなりたかった姿でしょうか?

仕事はあなたの人生のほとんどの時間を使う活動です。

今から30年以上にわたって継続することになる仕事を、毎日辛い思いをしながら続けたいですか?

または、毎日気の合う仲間に囲まれ、楽しみながら一生懸命仕事をし、その結果として高い給料をもらいながら充実した生活をしたいでしょうか?

…絶対に後者ですよね。

あなたの人生を変えることができるのはあなた自身ししかいません。

今すぐ転職活動という行動を起こすことを検討してみてください。

あなたが今20代なら、あなたを欲しい会社はごまんとあります

無断欠勤 電話 怖い

(20代の人材を「のどから手が出るほど欲しい」と考えている会社はごまんとあります)

とはいっても、「職場が嫌で短期間でやめてしまった自分を採用してくれる会社なんてどこにもないんじゃ…」と不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、あなたが現在20代なら、こういった心配はほとんどないと断言できます。

学校を卒業してから3年〜5年以内で、20代の転職希望者の方を、転職市場では「第二新卒」と呼びます。

企業側からすると、この第二新卒の人たちは「のどから手が出るほど欲しい人材」なのです。

その理由としては、次の3つが挙げられます。

企業側が第二新卒を欲しがる理由

  • 社会人としての最低限のマナー教育は受けているので、本当にゼロからの新人教育をする手間がはぶける(企業にとって、新人研修はコストです)
  • まだ別の会社のカラーに染まっていないので、自社の環境に慣れてもらいやすい。
  • あなたと同じように入社してから短期間で退職を検討する人は比較的たくさんいるので、若手の欠員補充ニーズは常にある。

あえておおざっぱにいうと、20代の方は「どこでも未経験で入社できる」状態と言えるでしょう。

新卒の時には選択肢に入れることができなかった大手企業であっても、第二新卒としてなら転職の選択肢に入れることは可能です。

ただし、「黄金期」はそれほど長く続かない

無断欠勤 電話 怖い

(転職では、行動が早い人ほど勝ち組になるのが現実です)

このように、20代の方にとっての転職市場は非常に有利な状況で、まさに「黄金期」ということができるでしょう。

しかし、「それなら行動するのはいつでもいいか…」と考えると、決してそうではないことに注意してください。

転職は、年齢的に若い人ほど有利になるのが鉄則です。

あなたが今26歳なら、25歳の人に比べるとやや不利になってしまいます。

あなたが今25歳11ヶ月なら、25歳10ヶ月の人に比べると不利な扱いを受けてしまうのです。

何がいいたいかというと、転職に関しては行動を少しでも早く起こしたもの勝ちだと言うことです。

行動を起こすのが1日遅くなると、せっかく採用される可能性のあった優良企業の高年収の求人が、別の20代の人に持っていかれるかもしれません。

20代の転職は有利だと言っても、ライバルがいるのも事実です。

少しでも有利に転職活動を進めていくためには、少しでも早く行動を起こすことが必要であることをぜひ理解しておいてください。

転職活動なんてやったことない…何から始めていいかわからないという方へ

転職活動 始め方

(これから転職活動を始めるなら、無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

転職活動というのはなかなか大変な作業です。

求人を探すことから、応募書類の作成、面接対策…などなど、やることがてんこ盛りです。

多くの人たちは、「また1から就活なんてめんどう…。そんなめんどうなことをやるぐらいなら現状維持でいい」とまた今のつらい仕事に戻っていってしまいます。

ただ、それではまたつらく不満の残る日常が続くだけです。

それではどうしたらいいのか?

転職活動なんて何から始めていいかわからない…という方は、

無料で使える転職エージェントを使って転職活動を始めるのがおすすめです。

※こちらの業界最大手の転職エージェントがおすすめです

特に、在職中の方(現在の仕事がある人)は、

仕事が終わった後に転職活動をするエネルギーなんて残っていない…という方が多いでしょう。

転職エージェントを使えば、以下のような大変な作業はすべて専門のエージェントにおまかせすることができますから、忙しい方でも転職活動を効率的に進めることができますよ。

エージェントがやってくれること

  • あなたに本当にあった求人のしぼりこみ
  • 採用担当者とのアポとり(面接日程の調整)
  • 書類選考に確実に通る応募書類の作成
  • 事前に調査済みの情報に基づく面接対策(重要!)

なお、転職エージェントとは基本的にすべてメールでのやりとりになりますので、対面でのやりとりをする必要もありません。

秘密厳守で行動してくれますから、現在の会社にあなたが転職活動を始めていることがばれることはありません。

面接の打ち合わせなども完全個室で行えますから、あなたの秘密は完全に守られます。

おすすめの転職エージェントはこちら

↓私がおすすめする転職エージェントは、リクルートエージェントです。

転職エージェント 使い方

フリーメールアドレスで登録OK!

リクルートエージェント公式サイト

※1分で登録完了できます

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。

営業職などの定番職種から、人事や経営企画・経理財務などの管理部門の人気職種まで圧倒的な数の求人が登録されています。

きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

リクルートエージェントは、今よりももっと年収アップしたい!というポジティブな理由で転職活動をしている方はもちろん、

今のブラックな環境から少しでも早く抜け出したい…というネガティブな理由で転職したい方まで、幅広いニーズに対応してくれるのが強みです。

↓特に、以下のようなお悩みをお持ちの方はリクルートエージェントを活用してみることをおすすめします。

こんな方におすすめ

  • 今の職場から少しでも早く抜け出したいけれど、転職は初めてなので何から始めていいのかまったくわからない…。
  • まだ20代で、これといったアピールできる実務経験がない。職歴に自信がない。
  • とにかく年収アップにこだわりたい。現在の職場の年収を下回る転職はしたくない。

>>リクルートエージェント公式サイトはこちら

5ステップであなたを優良企業への採用に導いてくれます

リクルートエージェント

(無料登録〜採用までの流れ:画像クリックで詳細ページに飛べます)

業界最大手のリクルートエージェントなら、パナソニックやトヨタ自動車といった誰もが知る超大手企業から、

これからどんどん伸びていくベンチャー企業まで、さまざまな求人を選択肢にすることができますよ。

応募書類の作成から面接対策まで、あなたが内定を得るまで親身にサポートしてくれますから、あなたの内定可能性を圧倒的に高めてくれます。

リクルートエージェントは、以下の公式サイトから申し込みできます。

↓申し込みが完了したら、あなたのメールアドレスにマッチした求人情報が届くようになりますので、まずは情報収集から始めてみてください。


フリーメールアドレスで登録OK!

リクルートエージェント公式サイト

※1分で今すぐ無料登録完了できます

転職エージェントが無料で利用できる理由

転職エージェント 無料

(ただより高いものはない…?転職エージェントが完全無料で使えるのはなぜ?)

転職エージェントをは、すべて無料で使うことができます。

しかし、「無料」と聞くと、「なにか後からお金を請求されたり、怪しいセミナーに勧誘されたりするんじゃ…」と不安を感じてしまう方も少なくないでしょう。

「ただほど高いものはない」という言葉もあるぐらいですから、逆に不安になってしまいますよね。

しかし、結論からいうとこうした心配はありません。

転職エージェントを使うことで、あなたに料金が発生することは最初から最後までいっさいありません。

転職エージェントにお金を払っているのは企業側

理由は簡単で、転職エージェントにお金を払っているのは、採用活動を行なっている企業側だからです。

転職エージェントは、企業側が転職サイトの求人を掲載するときに「求人掲載料」という形でお金を受け取っています。

このお金は「こういう人を採用したいので、探してきてください」いうかたちで、採用を行う企業側が転職エージェントに対して払うものです。

転職エージェントがお金を受け取るのは採用を行う企業側からだけですから、転職希望者側(つまりあなた)は1円も支払う必要はないのです。

転職エージェントを使うと転職の成功率が高くなる理由

転職エージェント 使い方

(応募先企業の内部情報を知っているエージェントを使うと、転職の成功率がぐっと高くなります)

また、ここが特に重要なのですが、転職エージェントは採用活動を行なっている会社の内部情報に精通しています。

なぜかというと、企業側が採用活動を始める際には、

エージェントに対して「うちではこういう人材が欲しい」ということを具体的に伝えているからです。

企業側はエージェントにわざわざお金を払い、自社にマッチした社員を探していますから、これは当然のことですね。

こうした企業側の希望条件を事前に聞いた上で、応募書類の作成や面接対策を行うことができますから、必然的にあなたに内定が出る可能性が高くなるのです。

この会社への転職を絶対に成功させたい!という第一希望の求人がある方は、転職エージェントを活用して情報収集を行うことでライバルに差をつけましょう。

(あなたのライバルも転職エージェントを使っていますので注意してください)

希望条件を転職エージェントに伝えておくだけでマッチした求人を探してきて教えてくれる

また、あなたの側も「もし転職するならこういう会社がいい」というイメージや、必須条件がありますよね。

そうした条件に合致する求人を探すのはなかなか大変ですが、

転職エージェントに希望条件を伝えておけば、マッチする求人のしぼり込みをすべてあなたの代わりにやってくれます。

↓例えば、こういう感じで条件を伝えておけばOKです。

エージェントに希望条件を伝える

  • 仕事が異常に激務で残業だらけの仕事は避けたい。
  • 職場の人間関係が明るい会社に転職したい。
  • 営業職ではなく、経営企画や経理財務などの仕事に就きたい。
  • 若い人の離職率が高い会社は避けたい。
  • 年収400万円以下は絶対に嫌。
  • 英語を生かせる仕事に就きたい。

転職エージェントがメールで提示してくれる求人の中から、「これだ」というものを選んで応募に進むことができますよ。

(もちろん、提示された求人の中に良さそうなものがなければ、応募しないという選択をするのは問題ありません)

転職エージェントを使えば、自力でちまちま転職活動している人たちに圧倒的な差をつけられる

転職エージェントは転職のプロですので、最新の求人を日常的にチェックしています。

転職エージェントに求人のしぼりこみをやってもらえば、あなたが希望しない会社に間違って応募してしまうようなことがありません。

エージェントは、あなたが希望した条件に合致した求人だけを紹介してくれるからです。

転職エージェントは、転職活動が初めてという人や、未経験の職種や業種に挑戦したいという方もしっかりとサポートしてくれます。

プロのアドバイスを受けながら転職活動を進めていくことができますから、

たった一人で孤独に転職活動をしている人たちに圧倒的な差をつけることができますよ。

次の転職では絶対に失敗しないためにも、無料で使える転職エージェントを活用して効率的に転職活動をしましょう。

追伸:それでもなんだか不安だから今は行動したくない…という方へ

転職エージェント 使い方

(それでも今は行動したくない。現状維持でいいじゃないか…という方に知っておいてほしいこと)

ここまで、読んでくださった方の中にも、

「やっぱり不安だから、転職なんてやめておこう。今の職場でも最低限の給料はもらえているんだし…」

と思われた方もいらっしゃるでしょう。

私は、あなたがこうした決断をしたとしても、あなたを責めることはしません。

どんな決断をするにしても、その結果を受け止めるのはあなた自身だからです。

ただ、何も行動を起こさなければ、今のつらい状況は今後もずっと同じように続いていくのだということはぜひ理解しておいてください。

あなたの仕事は今から40年以上も続いていく

老後の年金制度の不安定さが毎日のようにニュースになっていますね。

現在20代〜30代の人が高齢者になる頃には、70歳ぐらいまで働くのが当たり前の社会になっていることでしょう。

そうすると、あなたは今から30年〜40年以上もの長い間、ずっと仕事をしていくことになります。

あなたは、40年間もの長い間、ひたすらに「つらい。苦しい。でもがまん…」という形で仕事を続けたいですか?

それとも、大好きな職場の仲間に囲まれながら、毎日全力投球で楽しく仕事をし、その結果として高い年収を得て豊かな老後を迎えたいですか?

どちらの結果を得るかは、今、この瞬間のあなたの行動が決めるのです。

転職年齢は若い人ほど有利!1秒でも早く行動を起こそう

転職エージェント 使い方

(今すぐ行動を起こして未来を変えるか?何もしないまま今のつらい現実を受け入れるか?はあなた次第)

20代の方の転職では、年齢が高ければ高いほど不利になってしまうのが現実です。

同じ行動を起こすなら、少しでも早いタイミングで実行することが大切であることはぜひ理解しておいてください。

あなたの人生に責任を持てるのは、他ならぬあなただけですので、ぜひ後悔のない決断をしてくださいね。

↓まずは「どんな求人があるのか?」の情報収集から。転職エージェントはこちらから無料登録できます。

フリーメールアドレスで登録OK!

リクルートエージェント公式サイト

※1分で今すぐ無料登録完了できます




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職のサザンクロス , 2019 All Rights Reserved.