Sponsored Links

転職の体験談

証券会社のコールセンターはきつい?スーパーバイザーで13年働いた体験談

※このページは 3 分で読めます。

証券会社 コールセンター きつい

(証券会社のコールセンター勤務はきつい?指導職であるスーパーバイザーとして13年働くベテラン男性に転職体験談をお聞きしました)

今回は、証券会社のコールセンターで働いた経験をお持ちの方に、お仕事の体験談をお聞きしました。

榎本さんは、コールセンターのスーパーバイザー(指導職)として13年働いているベテランの男性です(現在も在職中)

実体験者でないとお仕事の裏情報をたくさん話していただけましたので、ぜひ参考にしてみてください。

証券会社のコールセンターはきつい?私が体験した仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前 :榎本隆則
  • 在職年齢:23歳〜36歳(13年間在職中)
  • 雇用契約:契約社員
  • 年収  :400万円(基本給30万円+残業手当)
  • 会社規模:従業員13,000名で大手に属する証券会社です

私は、証券会社のコールセンターで「スーパーバイザー」といわれる仕事をしています。

スーパーバイザーとは簡単にいえば、コールセンターで実際に電話をかける人たちをまとめる立場の仕事ですね。

実際に電話をかける人のことはオペレーターと呼びます。

私の仕事は、オペレーターの補助や研修、業務管理を行うことが中心です。

どんなお客さんとやりとりをしていますか?

お客様は主に個人の投資家の方になります。

投資で利益を出したい人から売り買いの注文を受けたり、いろんな金融商品の紹介をしたりするのが証券会社コールセンターの仕事です。

実際には、個人投資家の方から受ける問い合わせに対してオペレーターが電話を受け付けます。

お客様は本当にさまざまな質問をされるので、オペレーターの知識だけでは対処できないこともあります。

そんなときはスーパーバイザーである私が代わって対応をしたり、横から助言をしたりと手助けをします。

証券会社のコールセンターの仕事はどういうふうに社会の役に立つ仕事ですか?

証券会社のコールセンターでは、「株の取引をしたいけれどやり方が良く分からない…」というお客様のサポートをしています。

投資にはリスクがあります。つまり得をすることもあれば損をすることもあるわけですね。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.