転職エージェントの使い方

「転職エージェントに騙された…」よくあるトラブル事例と対策方法

Sponsored Links
  • 転職エージェントが嘘をいったり、騙したりしてくることってある?
  • 転職エージェントが自分のノルマを達成するために無理やり応募をさせることもあるらしい。
  • 面談で紹介された求人内容がいいことづくし…。これってこのまま信じていい?
  • 入社後になってから年収や職務内容が聞いていたのと違うってこともあるの?

転職エージェントに紹介された求人がいい感じだったので応募したけど、入社後になってから騙されていたことがわかった…。

↑こういうトラブル、実はまったくないわけではありません。

転職エージェントもサラリーマンですので、「今月中にこれだけの件数は採用を決めないといけない」というノルマがあります。

そのノルマを達成するために、求職者に嘘をついて無理やり採用に持っていく…ということをしてしまうエージェントも中にはいるのです。

こうした事態を避けるためには、面談の時点で担当の転職エージェントに求人内容について適切な質問をしておくことが必要です。

この記事では、転職エージェントに騙された…という状況になるのを避けるためのポイントを具体的に解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

転職エージェントに騙された…。よくあるトラブル事例 3パターン

↓転職エージェントとのトラブル事例としてよくあるのは、以下の3つのパターンのどれかです。

転職エージェントとのトラブル

  • 「ここはホワイト企業ですよ!」と言われていたのにブラック企業だった。
  • 年収や職務内容が聞いていた内容と違った
  • エージェントの都合で希望してもいない求人を紹介された

それぞれのトラブル事例と対策方法について、順番に見ていきましょう。

「ここはホワイト企業ですよ!」と言われていたのにブラック企業だった

広告代理店勤務で残業が毎日終電近くまで続いていたKさん

仕事に支配され過ぎて、家族との時間が減り、ストレスに悩まされる日々を送り、意を決して転職を決断されました。

転職エージェントに相談し、自分にマッチした求人企業を数社紹介してもらい、転職活動を進め、見事1社から内定が出ました。

次こそはワークライフバランスを充実されて働きたいと願っていたKさんは、エージェントに内定企業の情報を細かく確認し、自分の中でも納得し転職を決断しました。

入社後、実はホワイトだと思っていた企業は残業が当たり前で、

さらに残業手当も出ない環境でした

転職エージェントに確認しても、そのエージェントからは入社した企業の人事からきちんと確認した情報を伝えていたと言われ、どうしようもない状況に。

後に分かったことですが、

その転職エージェントは過去にその企業に転職者を送り出した「入社実績」がなく、人事担当からの情報をそのまま伝えていただけでした

要は人事が嘘をついていたのですが、

「転職活動中に担当キャリアアドバイザーに、他の転職者を入社させた『入社実績』があるのかを確認しておけばよかった」

と後悔されていました。

「入社実績」とは、エージェント会社が企業へ転職を決めた・入社サポートをした実績のことです

転職エージェントに入社実績を確認することは非常に重要です。

確認するには、キャリアアドバイザーから企業の紹介を受けた際に

「この企業へ入社を決めた実績は何名くらいですか?

「○○様(キャリアアドバイザーの名前)はこの企業へ入社(転職)サポートし、現在勤めている人とコンタクトを取れますか?実際の生のスタッフの声を聞きたいと思っております

など、キャリアアドバイザーへ質問することがお勧めです。

年収や職務内容が聞いていた内容と違った

ある転職エージェント会社(私の勤務先とは別)を通じて転職を決め、入社後1ヶ月後に相談に来られたHさん

「どうして入社してすぐに転職を考えているのか?」と聞くと、

事前にキャリアアドバイザーから確認していた職務内容と、入社してからの職務内容が全く違うという不満でした

営業企画で入社したはずが、実際はノルマを持つ営業に配属。

新規開拓や日々ノルマを求められる仕事になっていました。

人事担当に、事前に聞いていた話と違う旨を確認すると、営業企画の部署は営業を経験しないと出来ない仕事だと言われ、何も言い返せなくなったようです。

Hさんは営業経験がなく、今の状況が耐えられないようで、早期に転職を決断されました。

転職活動では面接を受け内定を取ると、企業から採用条件通知書をもらいます

内容は月収や勤務時間、休みの内容、配属部署などが書かれたものです。

この採用条件通知書には職務内容は記載されておりません。

応募する前にエージェント会社から求人票をもらうので、当たり前にその業務内容に従事すると誰しもが思います。

ただしそうではないケースがあります

内定承諾をする前に、再度与えられるミッションや詳しい業務内容などの確認をすることをお勧めします

エージェントの都合で希望してもいない求人を紹介された

大手転職エージェントを複数利用し、不満を持って私のところに相談に来られたYさん

「何が不満なのか?」を聞くと、全く経験のない未経験職種の案件を無理やり受けさそうと強引な話ばかりされたようです。

実はよくある話です

転職サイトに登録をすると、経験もない土地活用の営業や通信系の営業などの求人が山のようにスカウトされることがよくあると思います。

転職エージェントも一人ひとり売上目標を持っています。

転職エージェントによっては目標達成のために無理をする場合があるようです

転職をサポートし入社実績が出来れば、売上が上がります。

求職者へ親身なサポートをすることがキャリアアドバイザーの役割です。

しかし、その役割を忘れて、

売上を上げることに必死になり、求職者の声に耳を傾けないエージェントがいれば、無理やり受けさそうというスタンスになります

このようなキャリアアドバイザーを信用してはいけません。

どうすれば見極められるか。

やはり、キャリアアドバイザーに対する質問です。

下記のような質問を参考にして頂ければと思います。

エージェントにしておくべき質問

  • なぜ自分にこの企業が合っていると思うのですか?
  • この企業にはどんな課題があって、自分のどの経験が紹介企業の役に立つのでしょうか?
  • なぜ私はこの企業に入社したら幸せになれるのですか?

いずれも基本的なことですよね。ですが、いずれも重要なことです。

質問をしたときのエージェントの反応を見て、「?」と感じる部分があったら、「エージェント自身の都合で求人に押し込もうとしている可能性大」です。注意してください。

転職エージェントに騙されないために!利用前に知っておくべき対策方法

転職エージェントに騙されないようにするために、面談でエージェントに質問しておくべき内容について紹介しました。

その他にも、エージェントを有効活用するためのポイントがあります。

それは、転職エージェントを2社以上使うことです

エージェントにはいろんな人がいますし、エージェントが所属している求人紹介会社にも、得意とする職種と、そうで無い職種があります。

つまり、あなたの職歴や人柄を見たときに、紹介してもらえる求人の種類がまったく違うということがあり得るわけですね。

選択肢は多いに越したことはありませんよね。

また、エージェントはどこの会社も無料で使えますから、1社に限定する理由はありません。

おすすめは大手エージェント職種特化型の専門エージェントの2社を併用することです。

それぞれの種類のエージェント会社の特徴について理解しておきましょう。

大手転職エージェントのメリット・デメリット

大手エージェントの場合は、企業開拓や企業へ求人内容のヒアリングをする「企業担当」と求職者へのキャリアアドバイザーを行う「面談担当」がいます。

「企業担当」と「面談担当」が別々の大手エージェントのデメリットは「面談担当」が企業のことを深く理解していないことです

これは信頼性に欠けます。

専門エージェントのメリット・デメリット

専門エージェントはこの2つの仕事を一人で行っているケースが多いです。

そのため専門エージェントは、企業のことをよく理解しているので細かい質問に答えてくれるメリットはあります。

一方で、紹介企業の数は少なくなります

大手エージェントと専門エージェントの併用がオススメ!

よって、求人数が多い大手エージェントと専門エージェントの2社を同時に使うことが転職活動を成功に導きます

私は専門エージェントに勤務しているので、マーケティング・IT系の求人については大手エージェントと比較して優良な求人が多くあります。

具体的には、大手企業で年収1,500万円クラスのエグゼクティブ求人やベンチャー企業の役員候補など。

エグゼクティブ求人や経営層に近い求人などは大手エージェントでは扱っていないことが多いです

大手エージェントと専門エージェントを使い分けて転職を行うことがベストです。

信頼出来るエージェントを見つけて、自分に合った最高の転職をして頂ければと思います。

終わりに

今すぐは転職するかどうかわからないという段階の人も、

転職サイトへの登録は今やっておきましょう(無料でできます)

転職活動は、あなたの人生に大きな影響を与える重要な決断ですから、

「今の職場で追い込まれてしまい、どうしようもなって転職」ではなく、

「精神的に余裕があるときに、長期的な視点で転職活動を始める」というのが理想です。

管理人

仕事のストレスが限界に達してしまうと、

新しい行動を起こすのがとても苦しくなります。

辛い気持ちをそのままずるずると放置してしまうと、深刻な事態になる可能性が高いです。

転職サイトに登録しておくと、

あなたの職歴や希望年収にマッチした最新の求人がメールで送られてきます。

気になった求人情報をブックマークしておくだけでも、

「今の職場がどうしても嫌になったら転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

転職サイトは無料で使うことができますので、まずは、

自分はどんな仕事に転職できる可能性があるのか?

の情報リサーチから始めて見ましょう。

管理人

↓おすすめの転職サイトはdodaです。

常時10万件以上の求人が登録されていますので、

あなたの条件に合った企業がきっと見つかりますよ。

(dodaは10万件以上の求人が常に登録されている大手転職サイトです)

\ 高年収!優良求人多数あり/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.