転職エージェントの使い方

転職サイトの年収は嘘?求人票に惑わされないための対処法は?

Sponsored Links
  • 転職したいけど、今より年収が下がらないか心配。
  • 転職して1年。転職サイトに書かれていた年収と違う…。
  • 本当に転職サイトに書かれている年収が貰えるの…?
  • いろんな転職サイトがあるのに、それぞれ年収が違う...。

転職する理由として年収は大きな問題になりますよね。

そして転職先を決めるにあたり、年収は重要事項のひとつとなるのではないでしょうか。

転職サイトを使って転職先を探しているけど、信じていいの?」と思う方も多くいらっしゃると思います。

また、転職サイトによって年収が違うこともあって迷ってしまうこともありますよね。

結論から言うと、転職サイトに掲載されている年収は嘘ではありません。

では、どうして転職サイトによって記載されている年収が違うのでしょうか?

どのようにして年収は決まっているのでしょうか?

おすすめの転職サイト

  • パソナキャリア
    取り扱い求人16000社(!)の大手転職会社です。
    ここを使えば「応募できる求人が1件もない」という状況になることはまずないです。
    転職活動は初めて…という人はここを使うのがおすすめ。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富な転職支援会社です。
    未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、
    これから社会人としてキャリアスタート!という方はここを使いましょう。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人が専門の転職会社です。
    営業は絶対嫌だ!という人はここ。

Sponsored Links
Sponsored Links

転職サイトに掲載されている年収は嘘?

結論から言うと、転職サイトに掲載されている年収は嘘ではありません

エージェントが作成していることに違いはないのですが、最終チェックはしっかり掲載企業の人事担当者が行っています

もちろん記載年収も企業側のチェックが入っているため、エージェント側が勝手に高額な年収を記載することはできません

Sponsored Links

逆に企業側が年収を上乗せして掲載することはあるのか?

基本的にはこのようなケースもありません。

もし「この年収が本当に出るのか」とエージェント側が疑問を頂いた場合は、

ポイント

  • 実際この年収を出した中途採用の人はいるのか?
  • 社内でこの年収の方は本当にいるのか?

といった具体的な情報を聞き出すようにしています。

Sponsored Links

転職サイトの嘘に騙されないようにするにはどうしたらいいか?

上記のような仕組みを取っている為、しっかりとした転職サイトであれば嘘をついていることはありません。

もし心配な場合は、直接サイトに問い合わせてみられることをお勧め致します。

その際は、

ポイント

  • 実際記載年収の提示を頂いた方がいるのか?
  • また記載年収の提示を頂ける人材はどのようなスペックを求めているのか?

この質問をしてみましょう。

もしこの質問をして曖昧な回答が返ってくるエージェントであれば、情報が少なく企業とのパイプも弱いことが考えられるため、あまりお勧めはしません。

ちなみに「年収500万円以上」と記載されている求人に応募したにも関わらず実際は「400万円だった」というケースはあります。

これは募集年齢や求人票に記載されている応募要件に満たないケースの場合です。

募集年齢は法律的に記載することができません

最終的に内定までこぎつけたが、年収が届かなかったというケースを避けるためにも、応募する段階からエージェントに直接問い合わせをしてみることをお勧めします。

Sponsored Links

同じ会社の求人でも転職サイトによって年収額が異なるのはなぜ?

先に記載の通り、記載年収も企業側のチェックが入っています。

ではなぜ年収の差が出てくるのでしょうか?

大きく考えられる点としては2点です。

Sponsored Links

1.募集要件が異なるケースがある

例えば、400万円~600万円の年収提示の場合「〇〇の経験をお持ちの方は歓迎です」と記載されているとします。

それが同じ企業で600万円~800万円の年収提示の場合「〇〇の経験が必須です」と記載されている、いわゆる応募要件が異なるケースがあります。

高い年収が記載されている場合は、このように求められる経験等が高いということがあります。

2.エージェント側の交渉力が高いケースがある

もちろん、名前の知れた大手企業という場合もあるのですが、その他には「記載されている給与が高い求人」に多く応募が来る傾向があります。

そのためエージェント側が求人票を作成する際は、企業に対して掲載する求人票の年収を高く記載できるように交渉をするケースがあります。

Sponsored Links

転職エージェントは年収交渉を本当にやってくれる?

エージェントが年収交渉を行うケースはもちろんあります。

エージェントは企業から、決定年収の内の何割かを成功報酬という形で手数料をもらっています

年収が上がればその分手数料も上がるためです。

エージェントの中には、書類選考の段階で

ポイント

  • その方がどれくらいの年収を希望されているのか
  • どれくらいの年収だと辞退してしまうか

といった点を伝えているケースもあります。

上記のような場面だと転職者には見えないところで交渉しているため、なかなか「年収交渉してくれているな」と実感する場面は少ないかもしれないですね。

もちろん、最終的に採用条件通知書(給与などの条件が記載されている書面)が出た上で交渉に入るケースもあります。

ただし、大手企業になればなるほど年齢ごとに月収や年収がある程度定まっている為、そこを逸脱することができないケースもあります。

エージェントも、この部分を理解した上で可能な限りの交渉をしていると捉えて頂ければと思います。

また、企業によっては年収を強く押しすぎると、「うちの会社に来たい気持ちよりもお金の方が大事であれば、うちの会社には合わないかもしれない…」と判断されるケースもあります。

この辺りはエージェント側がその会社の特徴を把握しているため、エージェントと相談しながら進められると良いと思います。

終わりに

今すぐは転職するかどうかわからない」という人も、

転職サイトへの登録は今やっておきましょう(無料でできます)

転職活動は、あなたの人生に大きな影響を与える重要な決断ですから、

「今の職場で追い込まれてしまい、どうしようもなくなって転職」ではなく、

「精神的に余裕があるときに、長期的な視点で転職活動を始める」というのが理想です。

管理人

仕事のストレスが限界に達してしまうと、

新しい行動を起こすのがとても苦しくなります。

辛い気持ちをそのままずるずると放置してしまうと、深刻な事態になる可能性が高いです。

転職サイトに登録しておくと、

あなたの職歴や希望年収にマッチした最新の求人がメールで送られてきます。

気になった求人情報をブックマークしておくだけでも、

「今の職場がどうしても嫌になったら転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

転職サイトは無料で使うことができますので、まずは、

自分はどんな仕事に転職できる可能性があるのか?

の情報リサーチから初めて見るのが良いですよ。

↓おすすめの転職サイトはこちらです。

管理人

  • パソナキャリア
    取り扱い求人16000社(!)の大手転職会社です。
    ここを使えば「応募できる求人が1件もない」という状況になることはまずないです。
    転職活動は初めて…という人はここを使うのがおすすめ。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富な転職支援会社です。
    未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、
    これから社会人としてキャリアスタートの方はここを使いましょう。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人が専門の転職会社です。
    営業は絶対嫌だ!という人はここ。

Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.