転職エージェントの使い方

【転職サイトのスカウトの仕組み】怪しい企業ばかりって本当?

  • 転職サイトのスカウトメールって怪しい…。返信して本当に大丈夫?
  • 応募したらブラック企業なんてことはない?
  • そもそもスカウトって、誰がなんの目的で送ってきてるの?

転職サイトに登録していると、「あなたにマッチする求人です!ぜひご応募ください」というメールが来ることがありますよね。

いわゆるスカウトメールというやつですが、

わざわざ連絡してくるなんて、よほど応募者のいない怪しいブラック企業なんじゃ…

と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、実際に転職支援会社で働いている私の経験から、スカウトメールの仕組み(実態)について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

転職サイトのスカウトメールって誰が送ってるの?

転職サイト スカウト 怪しい

(転職サイトのスカウトは怪しい?)

転職サイトであなたにスカウトメールを送っているのは、

いわゆる「転職エージェント」といわれる人たちです。

企業側から依頼を受けて、求めている人材にマッチする人(あなた)を探し、

最終的に採用内定が決まれば手数料という形で企業側から料金を受け取るビジネスをしている人たちですね。

なお、転職エージェントが所属している会社と、

転職サイトを運営している会社は別々のケースがあることを理解しておきましょう。

↑これらのサイトは、転職エージェント会社転職サイト運営会社が別々です。

つまり、婚活などの「マッチングサイト」のような感じですね。

転職サイト側は情報だけを載せてくれるので、

求職者とエージェントで連絡はお互い勝手にやってくださいというスタンスです。

この場合は、エージェントも求職者(あなた)の情報の一部かしか見ることができません。

具体的には過去の職歴や希望条件で、名前や住所、電話番号などは伏せられている状態です。

その情報を頼りに、転職エージェントはあなたに対してスカウトメールを送っているのです。

転職エージェントは、企業側から「探してほしい人物像」「応募条件」をヒアリングしていますから、

Sponsored Links

その条件に当てはまる人を転職サイトから探し、よさそうな人に対してスカウトメールを送ります。

一人ひとりにアレンジしたメールを送ることもありますし、同じメール文章で一斉送信していることもあります。

スカウトメールを送っているのは怪しい会社ばかりって本当?

結論からいうと、怪しい会社ばかりというわけではありません。

ちゃんとしたエージェント会社でも、スカウトメールを送ることは普通にありますよ。

これはエージェント会社の会社規模にはあまり関係がありません。

大手エージェントも専門エージェントも、どの転職エージェントもスカウトメールは行います。

ただし、大手転職エージェント会社では、

スカウトだけをする専任のスタッフ」がいたりしますね(スカウターと呼びます)

一方で、小さい転職エージェント会社では、

転職エージェントが自分でスカウトメールを作成して送っていることが多いです。

小さい転職エージェント会社では、自分たちで運営している会社のホームページだけでは求職者を集めることができませんから、

大手の転職サイトを使って、求職者にコンタクトをかけているというわけです。

転職サイトに登録をした後に、転職エージェントからいろんなスカウトメールが届くのは、このような仕組みになっているからなのです。

スカウトメール経由で応募したら本当に採用される?

残念ながら、スカウトメール経由で応募したからといって、必ずしも採用可能性が高いわけではありません。

この時点では「企業側が出している応募条件に合致している」というだけですので、書類選考に通過することも確約していない状態です。

転職エージェントとしては「あなたに紹介できる案件の候補です」というレベルですね。

また、大手エージェントの場合はAIを使った自動配信になっている場合もあります。

なぜ、こんなにマッチしていない案件を自分に送ってくるの?

と疑問に感じるような求人を紹介してきた場合には、自動配信の可能性が限りなく高いです。

そういったエージェントに返信するのは避けるべきでしょう。

ただし、きちんとあなの職歴等をチェックした上で、

Sponsored Links

この企業ならこの人に自信を持っておすすめできる」という気持ちでスカウトを送ってきているエージェントもいます。

このような場合には、スカウト経由なら自己応募よりも選考に通過する確率がぐっと高くなります。

重要なのは、採用可能性が高いスカウトと、そうでないスカウトを見分けることです。

↓実際のスカウトメールの文面で見分ける方法はこちらで紹介しています。

転職サイト スカウト 不採用
転職サイトのスカウト応募で不採用になることはある?理由は?

「転職サイトからスカウトがきたので応募したのに、不採用になってしまった…。これって自分が何か大きなミスをしたから?それともよくあること?スカウトメールからの応募で採用確率を上げるにはどうしたらいい?」この記事では、スカウトメールが来た時の正しい対処方法(最短で採用までつなげる方法)を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

自力応募と転職エージェント経由応募の違い

転職サイトでは、エージェント経由で求人に応募するのが基本になりますが、

自力で応募手続きを行うことも可能です。

↓自力応募と転職エージェントは、以下のように使い分けるのがおすすめです。

自力応募と転職エージェント

  • 自力応募
    マイペースで転職活動したい人や、まだ転職するかどうかちゃんと決めていない人向け
  • 転職エージェント
    最短で内定を決めたい、次の転職では絶対に給料を上げたいという人向け

それぞれの方法で転職活動する場合に、どのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておきましょう。

自力応募のメリット・デメリット

転職サイトを使って自力で転職活動する場合は、

応募から書類作成、面接日程の調整まですべて自分でやる必要があります。

エージェントを介さずに直接求人に応募し、書類選考が通過すれば面接の案内が届き、

自分で企業とスケジュール調整をし、面接を受けるという流れですね。

手間がかかるのがデメリットですが、誰からも急かされるようなことはありませんから、

マイペースで転職活動をしていきたい方は自力応募で転職活動を進めていくのが良いでしょう。

まだ転職するかどうかはっきりとは決めていないという段階の人も、この方法が適しています。

転職サイトに登録しておくと、おすすめの最新求人やスカウトメールが届きますので、情報収集にも使えますね。

転職エージェントを使う場合のメリット・デメリット

転職エージェントを使う場合は、企業側とあなたの間に、

転職エージェントが「仲介者」として入ってくれます。

転職エージェントにお金を払っているのは企業側なので、あなたに料金が請求されるようなことはないです。

エージェントを使うデメリットとしては、

担当の転職エージェントとの相性によっては、転職活動が大きなストレスとなってしまうケースがあることですね。

また、あなたの希望職種や希望業界が、

担当エージェントにとっては不得意分野ということも考えられます(これは意外に多いです)

転職エージェントは1社だけしか使わないのではなく、

2社〜3社で面談してみて、よさそうなものを1社にしぼって使う」というやり方がおすすめですよ。

エージェント経由で応募する場合の流れ

転職エージェントを使って転職活動する場合は、

スカウトメールに返信した後、担当エージェントとの面談という流れになります。

なお、転職エージェント会社の自社サイトでもエージェントに依頼できます。

この場合も料金はかかりません。

エージェント会社によって「この業種の求人は得意」という特徴がありますから、

希望職種がすでに決まっている人は、その職種を専門で扱っているエージェント会社を使うのがおすすめですよ。

↓得意分野がある専門のエージェント会社としては、以下のようなところがあります。

面談では自分の経験や転職の希望条件、どんなキャリア形成をしていきたいかなど、様々なことについてヒアリングを受けます。

面談が終わると、条件に案件を紹介してくれますので、気になる企業があったら応募に進むという流れになりますね。

その後、書類選考や企業側採用担当者とのやりとりは、全てエージェントがしてくれます。

またエージェントからの推薦状もつくので、自己応募よりも書類選考通過率は上がることが多いでしょう。

↓書類選考に無事通過し、面接になった場合は下記のようなアドバイスをもられます。

  • 面接ではどんなことを聞かれるか
  • 面接官がどんな人か
  • アピールした方がいいこと
  • 言わない方がいいこと

細かく対策をしてくれますので、しっかりと準備をして面接に臨めますよ。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.