転職エージェントの使い方

転職エージェントが面談で説教してくる?ダメな転職エージェントの特徴と対処法

  • 説教をしてくる転職エージェントって本当に自分のことを考えてくれてるのかな?
  • 相手のペースで話が進んでしまう…。このまま任せてても大丈夫?
  • 何を言っても否定されてしまう。これってもしかしてダメエージェント?

転職エージェントは、転職をする際にとても頼りになる存在です。

たまたま担当になった転職エージェントが何故か上から説教をしてきたり、こちらの意見を聞いてくれない…となると、
それはダメな転職エージェントの可能性大です。

人生を左右すると言っても過言ではない転職で、転職エージェントとの相性はとても大切です。

ぜひ下記を参考にして、妥協しない転職エージェント選びをしましょう!

こんな転職エージェントには要注意!ダメなエージェントの特徴3つ

人生の今後を決定する重要な転職で失敗はしたくないですよね!

実はダメなエージェントには3つの特徴があります。

それは下記の通りです。

ダメエージェントの特徴3つ

  • 上から目線で説教してくる
  • とにかく強引に進めようとする
  • 考えや希望を否定される

この3つの特徴に該当する場合はダメなエージェントと考えた方が良いです。

では、それぞれの特徴について、少し掘り下げて順に説明をしていきます。

上から目線で説教してくる

相談をした際に、上から目線で説教をしてくるエージェントがいます。

その理由は「自分の思い通りにしたい」といったエージェント側の自分勝手な理由が隠れていることが多いです。

また、求職者の高望みな条件に注意をする場合もありますが、転職エージェントというのは転職市場のことをよく理解している立場だからこそ、相手の希望を叶える努力をしなければなりません。

よって、説教をする立場ではないはずですし、求職者に説教などというのは言語道断の行為です。

とにかく強引に進めようとする

Sponsored Links

相手にその意志がないのに「とにかく受けましょう!」と興味がない案件や書類選考を強引に進めようとするエージェントがいます。

例えば「書類選考は15社くらい出すのが当たり前です。」など根拠のない説明をして、エージェントのペースでどんどん書類選考を進められる時などは要注意です。

転職エージェントには書類選考をする人数、求職者の行動量などの目標があります。

求職者の意見を無視してエージェント側の独断で話を進められてしまう場合は、求職者のことよりも自分の成果を一番に考えているエージェントの可能性が高いです。

考えや希望を否定される

例えば、「この転職では年収は下がります」や、「あなたの場合はこのキャリアパスを描くべきです」、など求職者の意見をことごとく否定したり無視するエージェントも危険です。

転職エージェントというのは自分の価値観を求職者に押し付けてはいけません。

あくまでも、求職者の価値観を尊重してサポートするのが仕事です。

何度も自分の価値観を否定されたと感じた場合は、「もしかしてダメエージェントかも?」と疑問を持ってください。

ご自身のための転職なので、違和感を感じたらエージェントに対して疑問をしっかり持つことも大切です。

ダメな特徴を持つ転職エージェントに出会った時の対処法

とはいえ、転職エージェントは自分から「こういう人!」と指定して選べないのが実情ですよね。

もしも上記でご紹介した「ダメエージェントの特徴3つ」に一つでも当てはまる転職エージェントに出会ってしまったら、その場合は以下の方法で対処をしましょう

ダメエージェントに出会った場合の対処法

  • 担当者を変更する
  • 自力で転生先探しをする
  • 他のエージェントを利用する

それぞれの項目について、一つずつ具体的に説明していきます。

担当者を変更する

この場合は直接その担当者に伝える必要はありません。

会社のお問い合わせ窓口などで、「担当者を変更したい」ということを伝えましょう。

その際の理由も角が立たないような表現で伝えれば問題ありません。

Sponsored Links

この方法であれば、直接的に担当者に変更したいという意志を伝える必要もなく、すんなり担当変更ができます。

自力で転職先探しをする

もちろん、転職エージェントを利用せずに転職サイトを使って自力で転職先を探す方法もあります。

その場合、自分で企業とのやり取りをして、面接の日取りが決まったらその準備をし、最後に面接の場で自分の年収の交渉などをしなければなりません。

不可能なことではないですが、手間と時間がかかってしまうという部分があります。

正直に言って、あまりオススメできる方法とは言えません。

他のエージェントを利用する

他のエージェントを探す、これが一番手っ取り早く現実で確実な方法でしょう。

転職エージェントにも実は専門性があるのをご存知ですか?

例えば↓

ポイント

  • 20代に強い
  • ハイクラスに強い
  • 職種・業界特化

などです。

人生のキャリアを一緒に考えてくれる、そんな重要な役割を担っているのが転職エージェントです。

ここは妥協せず、できる限りご自身に合った転職エージェントを探してみましょう。

転職は人生に一度とも限りません。

長いお付き合いになるかもしれない転職エージェントとの相性はとても重要です。

このように、もしもダメな転職エージェントに出会ってしまったとしても解決策はあります。

転職は自分の人生にとって大きなイベントです。

後悔のない転職をするために、自分と相性が良い転職エージェントにしっかりとサポートしてもらいましょう。

転職エージェントってそもそもどんな人たちなの?

転職エージェントという人たちは、他の人の転職を応援するのが仕事なわけですが、

そもそもこの人たちってどういうキャリアを持っている人たちなんでしょうか?

ちょっとおおげさにいえば、転職活動というのは自分の人生をかけて行うものです。

なので、いいかげんな人や人生経験が未熟な人たちには任せたくないですよね。

↓転職エージェントによくある出身キャリアを紹介すると、例えば以下のような感じです。

  • 企業の人事担当担当者
  • 人材紹介会社(ヘッドハンター)
  • 派遣会社の営業担当者
  • 求人広告の営業担当者

転職エージェントの出身業界はさまざまですが、

おおむね人事に関する部署でキャリアを築いてきた人が多いです。

いわば、「人事採用のプロ」として仕事をしてきた人たちですね。

また、転職エージェント会社は、採用を行う企業側からの人材募集の広告を扱います。

なので、過去に広告関係の仕事をしてきたという人が、転職エージェントになっているケースも多いですね。

「この転職エージェント、頼りないかも…」と感じているなら

転職活動が成功するかどうかは、あなたを担当してくれる転職エージェントの能力が大きく影響します。

もし、「この人は合わないかも…」とか、「ちょっと頼りない」と感じるなら、

担当の変更やエージェント会社の乗り換えも検討した方が良いですよ。

面談で上から目線で説教をしてくるようなとんでもない転職エージェントもいますが、良いエージェントもたくさんいます。

良いエージェントと悪いエージェントを見極めて、転職活動を成功に導きましょう。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.