転職エージェントの使い方

転職エージェント経由で応募した求人で「試用期間中に退職」はやばい?

  • 転職エージェントに紹介してもらった会社に入社したけど、試用期間中でもう退職したい…。
  • 試用期間に仕事を辞めると、転職エージェントとトラブルになるようなことってある?
  • もう仕事を紹介してくれなくなる?転職エージェントには謝っておいた方が良い?

「せっかく転職エージェントに転職先を紹介してもらったのに、どうしても合わなくてもう辞めたい…」

↑こんなふうに考えてしまう人は結構いるんじゃないでしょうか?

仲良くなった転職エージェントだったりすると、「紹介してくれたエージェントに申し訳ない…」となかなか退職という決断ができない場合もあるでしょう。

結論から言うと退職することそのものは問題ありません。

ただし、次の転職では同じ失敗を繰り返すことはあなたのキャリアにとってプラスになりませんから、

この次の転職ではどうするか?の対策はしっかりと検討しておく必要があります。

おすすめの転職サイト

  • リクルートエージェント
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここを使えばOK。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人を専門で扱っている転職サイトです。
    営業は嫌だ!という人はここを使いましょう。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富です。未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、これからキャリアスタートという方はここを使いましょう。

試用期間に退職して罰則などはある?トラブルになったりしない?

結論から言うと、試用期間中に退職をしても、罰則などはありません。

転職エージェントを使用して試用期間で退職をする場合は、感情面ではどうしても「エージェントに対して申し訳ない」という気持ちが出てきてしまうと思います。

ただ法的な罰則や金銭的な負担も全くありません。

金銭的な負担が無いのは、企業とエージェント間でのみ紹介料のやりとりが発生するためです。

企業が、エージェントに対して人材を紹介してくれたという事で報酬を支払う仕組みなので、求職者については金銭的な取引がありません。

試用期間中に離職すると一旦支払った紹介料を一部返金することになります。

辺金額は「試用期間何ヶ月目で辞めた」のかが基準になります。

返金の相場

  • 1ヶ月以内の離職で紹介料金の8割返金
  • 2ヶ月以内で5割返金
  • 3ヶ月以内で2割返金

従って、試用期間中頑張ってみたはいいけど辞めることになった場合、金銭的な意味では会社側の損害が一番大きいということに結果的になります。

辞めることは違法でも何でもありませんが、転職した会社を辞める前には紹介してくれた転職エージェントには連絡をしておきましょう。

仮に求人内容と条件が違うという事で退職したい場合は、転職エージェントから会社に対して再度業務内容の調整などをしてくれる可能性があります。

試用期間中に退職して、また同じエージェントに相談するのは可能?

転職エージェントに対して、再び相談することは失礼にならないのでしょうか。

結論としては失礼にはなりません。

試用期間中に退職したことで負い目を感じる必要はないのです。

転職エージェントを経由して転職をしても当初企業側と約束していた条件が合わないなどの理由で、辞めてしまう方は多くいます。

転職エージェントとしても本音としては「トラブルなく働き続けてほしい」という気持ちもあるかもしれませんが、試用期間中での退職も「良くある話だな」と受け止めているようです。

従って、また相談することは失礼にはあたりません。

もちろんその際に前回と同じ転職エージェントに転職相談をすることは可能です。

しかし、人間的に信頼できる人に相談したいなら再度相談もありですが、1回目の転職で結果としてミスマッチが生じていることは認識しておく必要があると思います。

なぜなら、転職エージェントの力量不足によって、ミスマッチが生じてしまっている可能性があるからです。

その場合、同じエージェントに転職を相談しても再度同じような結果になってしまう可能性もあります。

仮にもう一度ミスマッチが生じて試用期間中に退職となってしまった場合、

ポイント

  • 一度の失敗ならともかく二度連続での転職失敗
  • 短期での離職が二回続く

こうなってしまうと経歴に傷がついてしまいます。

「これはやばい」と考えた方が良いかもしれません。

今後同じ間違いをしないために

転職エージェントに紹介してもらった仕事を試用期間中に辞めることには何の問題もないことがわかりましたね。

ただ、何度も離職するような同じ過ちを繰り返すことはいい印象を与えません。

何度も転職・離職を繰り返さないためには「エージェントの個性を見極める」ことが大切です。

ひとくちに転職エージェントと言っても、いろんな得意分野があります。

エージェントによって得意分野が異なります。

そういった事を頭に入れつつ、転職エージェントを正しく選んでいきましょう。

転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!」みたいなサイトってたくさんありますけど、はっきりいって、どこもそんなに大差はないです。

どこも無料で使えるんで、実際使ってみて合わなかったらサヨナラ、という使い方でいいと思いますよ。

↓1つだけ気をつけておくとしたら、

  1. 大手型
    「うちは大手なんで、とにかく何でもそろってます」というエージェント会社
  2. 職種特化型
    「うちはこの業種・業界の求人なら自信があります」というエージェント会社

という2種類の会社があるという点でしょうか。

ここでは仮に、1.を「大手型」、2.を「職種特化型」と呼んでおきます。

↓この2つの使い分け型は以下の通り。

2種類の転職エージェントの使い分け方

まだ希望する職種(営業?経理?人事?総務?)が決まっていない人は、

1.大手型」で「とにかく可能性のある求人を全部出してください」と依頼しましょう。

おおまかな希望年収だけ伝えておけば、「ここなら採用される可能性あるよ」という感じで候補を出してきてくれます。

そこからよさげな求人を見つけていけばOKです。

希望職種がすでに決まっている人(俺は経理マンになる、俺は営業マンになる、俺は人事マンになる、など)は、

2.の「職種特化型」のところを使いましょう。

エージェント自身がその業種紹介に特化して仕事をしてますので、求人の質がやはり高いです。

おすすめの転職エージェント会社

↓一応、いくつかおすすめのところを紹介しておきますね。

  • リクルートエージェント(1.の大手型)
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここだけ使えばOK。
  • MSジャパン(2.の職種特化型)
    経理や人事など、管理部門の職種(かんたんにいえば営業以外の仕事)の求人を専門で扱ってます。
    営業はもう嫌だ!という人はここを使いましょう。
  • マイナビ金融(2.の職種特化型)
    銀行や信用金庫など、金融業界で働いている人におすすめのエージェント会社です。未経験者向けの求人はないですが、金融業界経験者は高年収求人多数あり。
  • アクシスコンサルティング(2.の職種特化型)
    コンサルティング業界特化型のエージェント会社です。
    コンサル業界は採用のしかたが独特なので、必ず専門エージェントを使いましょう。

転職エージェントを使うメリット

↓転職エージェントを使って転職活動することには、以下のようなメリットがあります。

  • 完全無料で使える
  • 非公開求人をチェックできる。情報リサーチの精度が圧倒的に上がる
  • 履歴書や志望動機の添削を無料でやってもらえる
  • 面接対策をしてもらえる
  • 自分に合っている仕事がなんなのか?をプロの目で客観的にアドバイスしてもらえる
  • 面接の日程調整など、めんどうな手続きをすべて代わりにやってくれる
  • 年収交渉を代わりにやってくれる

特に、年収交渉を代わりにやってくれるのは大きいですね。

エージェントを使うか使わないかによって、年収で100万円以上の差がつくこともありますので、今よりも年収アップしたい人は必ず使うようにしましょう。

(最大手はリクルートエージェントです。迷ったらここ使えば問題なしです)

\ 年収アップ!優良求人多数あり/

募集中の求人を見てみる!

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.