転職エージェントの使い方

転職エージェントとの面談・面接のバックレはトラブルになる?

Sponsored Links
  • 転職エージェント経由で求人応募して面接日程も決まってるけど
  • でもやっぱり応募を辞めたい…。
  • 何も伝えずにバックレはやっぱりまずい?
  • トラブルになってしまうようなこともある?

転職活動がある日突然嫌になる…といことってありますよね。

よーくわかります。

でも、バックレやドタキャンのタイミングによっては、

エージェントや企業側とのトラブルに発展してしまう可能性があるので注意が必要です。

Sponsored Links

面接・面談バックレの実情

転職エージェント バックレ

(転職エージェントとの面談や企業面接のバックレはやばい?)

私自身、転職エージェントとして求職者さんの相談をお受けしているのですが、面談の予定時間に残念ながら来ていただけないことはよくあります。

だいたい月に1人ぐらい。面接20人に1人ぐらいはバックレやドタキャンがありますね。

ドタキャンではあっても当日に電話一本いただければとても助かるのですが、連絡なしにあらわれない(バックレ)は正直とても悲しい気分になります。

エージェントとの面談のバックレならまだいいです。

私たちエージェントが悲しい気分になるだけなので…(大きなトラブルになるようなことは基本的にないです)

ただ、すでに企業の面接日程が入っている場合のバックレや、

内定後に入社初日でバックレなどをしてしまうと、あなた自身に不利益が生じてしまう可能性があるので注意してください。

バックレ・ドタキャン後にどんなことが起こっているのか?

実際にバックレやドタキャンが発生した場合に、

転職エージェントと企業側でどのようなやりとりが発生しているのかを紹介しましょう。

面接のバックレ・ドタキャンが発生した場合

面接当日にドタキャンが起こると、企業側から転職エージェントに連絡が入ります。

約束していた時間になっても面接に来られないんですが…」というクレームですね。

エージェント側はご本人に至急連絡を取りますが、残念ながら電話してもつながらないことが多いです。

もちろん前日に面接の確認は本人としておりますので、エージェントにとっては非常にあせる事態です。

最後まで求職者と連絡が取れない場合は、とにかく企業側採用担当者に謝罪です。

あなたの責任ではないから、まあしょうがないよね…」といってくださる採用担当者も多いですが、

「求職者との関係性がちゃんと構築できていない」ということでエージェントとの能力を疑われてしまうケースもあります。

また、エージェント会社にもよりますが、私の会社では1度でもドタキャンをすると、その人への求人の紹介はできなくなります。

どこのエージェント会社も求職者の個人情報は5年間保有が基本ですので、5年間はサービスが利用できないと考えておきましょう。

内定が出た後、入社日にバックレ

「内定が出た後、入社日にバックレ」

↑これだけは大きなトラブルに発展する可能性もありますので、絶対に避けた方が良いです。

内定承諾書のサインをした後は、あなたは企業側と雇用契約を結んだのに近い状態になっていますので、

どうしても入社を取りやめたいのなら企業側と交渉をきちんと完了する必要があります。

企業側はコストをかけて採用活動をやっていますので、最悪のケースではその費用を負担するよう求めてくるようなことも考えられるでしょう。

ただし、入社をやめたい人を無理に引き留めても意味がありませんから、

会社側としては求職者から一本「入社を取りやめたい」と連絡が入ればすんなり応じてくれる可能性が高いでしょう。

別の転職エージェント会社にバックレしたことを知られることはある?

1つの転職エージェントでバックレ・ドタキャンをしたことが、

別の転職エージェント会社に知られることはある?

↑このように気になる方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、これは大丈夫です。

エージェント会社同士で求職者の情報をやりとりすることはありえないので、

一つの転職エージェントとの関係が悪くなっても、別のエージェントを使うことには大きな問題はないですよ。

どうしてもドタキャンしたい場合にはどう伝えるのがいい?

↓ドタキャンの連絡が入った場合に、理由として多いのは以下のようなものですね。

実際のドタキャンで多い理由

  • よく考えると自分の希望に合っていないと感じたため
  • 体調不調
  • 急に面倒くさくなった
  • 他の企業からの内定が出たため
  • 現職の仕事が忙しくどうしても行けなくなった

ただし、これらの理由だとエージェントとの契約そのものは切れない可能性が高いです。

(また後日にエージェントから連絡が来る可能性があります)

↓転職エージェントとの関係そのものを終わらせたい場合には、以下のように伝えた方が良いでしょう。

「転職するのはいったんやめました(今の職場で働き続けることにしました)」

「別のエージェントを使うことにしました」と伝えることも考えられますが、

↓この場合は以下のようにエージェントにねばられる可能性があります。

  • 「さしつかえなければ理由をお教えいただけませんでしょうか?次回に紹介する求人を選ぶ際の参考にさせてください」
  • 「別のエージェントさんと同時進行で使っていただいても構いませんので、別の求人を見てみませんか?」

これはちょっとめんどくさいですよね。

その転職エージェントとの関係を終わらせたいのであれば、

転職をやっぱりやめた」と伝えるのが一番手っ取り早いですし、実際によくあるケースなのですんなり納得してもらえる可能性が高いです。

転職エージェントとしても、転職する可能性がない人と面談等をしても意味がないので、あきらめる可能性が高いです。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.