転職エージェントの使い方

【転職エージェントとのトラブル事例】訴えられることもある?

Sponsored Links
  • 転職エージェントを使った転職活動って本当に安全?
  • トラブルになってしまうことってある?
  • 最悪の場合、訴えられるようなこともあるの?

転職エージェントは、基本的にはあなたの側に立って企業側と交渉を行ってくれます。

しかし、面接直前でのドタキャンや、内定が出た後のタイミングでのバックレなどをしてしまうと、トラブルになってしまう可能性もあります。

この記事では、実際に転職エージェントとして10年以上働いている私が見かけたトラブル事例をいくつか紹介します。

Sponsored Links

転職エージェントとのよくあるトラブル事例6つ

転職エージェント トラブル

(実際によくある転職エージェントとのトラブル事例を紹介します)

↓転職エージェントと求職者のトラブルになってしまうケースとして、ありがちなのは以下のような場面です。

エージェントとのトラブル事例

  1. 重複しての応募
  2. 連絡なしで面談・面接に遅刻
  3. 面談・面接のドタキャン
  4. 音信不通になる(バックレ)
  5. 内定辞退(タイミングによる)
  6. 入社後すぐに退職

事例①:重複しての応募

採用活動を行っている企業は、複数の転職エージェントを活用しているのが普通です。

そのため、「別々の転職エージェントから、1つの求人へ応募してしまう」ということは、実はめずらしくありません。

例えば、Aという転職エージェント会社と、Bという転職エージェント会社から、Cという企業に同時に応募したような場合です。

この場合、採用が決まったときに、企業側がどちらのエージェント会社に紹介手数料を払うのか?でトラブルになってしまう可能性があります。

企業側にも迷惑をかける結果になる可能性がありますから、同じ企業の求人に重複応募しないよう注意しておきましょう。

転職エージェントから訴えられるようなことはある?

こういったトラブルから発展して、訴訟になることもあるのか?というと、さすがにそこまでのケースは少ないですね。

  • 採用を行う企業 VS 転職エージェント
  • 転職エージェント VS 別の転職エージェント

↑での契約トラブルが訴訟に発展する例はありますが、

求職者(あなた)と転職エージェントの間で訴訟というのはほぼ聞いたことがありません。

転職エージェントは求職者の立場にたって仕事をしており、利害も一致していますから、基本的には信用してもらって問題ないと思います。

(転職エージェントは、あなたの採用を有利な条件で決めるほど、企業側から受け取れる紹介手数料は大きくなる仕組みになっています)

事例②:連絡なしで遅刻

在職中に転職活動をしている方の場合、どうしても今の仕事の都合が最優先になりがちです。

終業後にエージェントとの面談などを受ける人が多いので、遅刻は本当に多いです。

事前に連絡をいただければ問題ないのですが、連絡なしで遅刻されるのはさすがにまずいですね。

私たちは企業側に「この人はおすすめです」と紹介する立場なので、無断遅刻などをされると、

本来は紹介できる案件も紹介できなくなってしまう可能性があります。

転職エージェントは必死の思いであなたの面接を企業側と調整をするところまで進めていきますので、連絡なしでの遅刻は避けましょう。

また、企業側にも迷惑をかけることなりますので、今後の転職活動にも悪影響が出る可能性があります。

面談や面接に万が一遅れるときは必ず連絡を入れるようにしてくださいね。

事例③:面談・面接のドタキャン

面談・面接のドタキャンは、転職エージェントとの関係を決定的に悪くしてしまいます。

エージェントとの面談ならまだしも、企業側との面接ドタキャンは絶対に避けるべきですね。

特に大企業の場合は関連会社があって、採用業務は本社が一括で行っていることがありますから、今後の転職活動に大きな影響が出る可能性があります。

転職エージェントも人間なので、ドタキャンされた人に対しては2度と紹介はしたくないと思うのが自然です。

事例④:音信不通になる(バックレ)

面談・面接に進んだにもかかわらず音信不通になる方も少なくありません。

音信不通になってしまえば転職エージェントもどのように対応すればよいかわかりませんし、今後の紹介もできなくなってしまいます。

また、家族などの緊急連絡先へ連絡がいく可能性もあるので、自分以外の周りの人にも迷惑をかけることとなります。

何か事情があって転職活動ができなくなることもあるかもしれませんが、音信不通になると多大なる迷惑をかけるので絶対にやめましょう。

事例⑤:内定辞退(タイミングによる)

企業側からの内定の意思表示があった後に辞退、ということであれば大きな問題にはなりません。

しかし、いったん内定を受諾した後の辞退はいけません。

内定をした企業はコストをかけて採用活動を行っていますので、非常に迷惑をかけてしまいます。

企業にも採用計画があり、他の候補者へのお断りをしていることもあるので、再度採用活動をやりなおさないといけなくなるからです。

採用は企業にとっても経営を左右する大切な要素となりますので、企業や転職エージェントにも迷惑かけないようにしてくださいね。

事例⑥:入社後すぐに退職

入社した後にすぐ退職することに関しては、やむを得ない部分はあります。

面接ではいい感じだったけど、実際に入社してみたらぜんぜん思っていた会社ではなかったというケースは少なからずあるからです。

入社手続きが完了している時点で、転職エージェントと企業側との契約もいったん完了していますので、契約トラブルになる可能性はありません。

ただし、エージェントからすると「自分の紹介した人がすぐに辞めてしまった」という事態ですから、

今後の企業側との信頼関係を維持するためにもこれは避けたいのが本音ですね。

求職者(あなた)にとっても、書類選考〜数度の面接など手間と労力をかけた会社を、短期間で退職するとなると人生の時間を無駄にすることになります。

「少しでも早く、1件でも多くの内定が欲しい」という気持ちはよくわかりますが、当然ながら入社できるのは1社だけです。

こうした事態が生じないようにするためにも、転職エージェントとの面談ではしっかりと希望条件を伝えておくことが大切です。

転職エージェントはあなたの味方。きちんと連絡をとって活用しよう

トラブル後に訴えられるのではないかと心配になることもあるかと思いますが、きちんと連絡を取っていれば基本的にはそこまで深刻な事態には発展しないでしょう。

転職エージェントは求職者の味方ですので、うまく活用して転職を成功させてくださいね。

終わりに

今すぐは転職するかどうかわからないという段階の人も、

転職サイトへの登録は今やっておきましょう(無料でできます)

転職活動は、あなたの人生に大きな影響を与える重要な決断ですから、

「今の職場で追い込まれてしまい、どうしようもなって転職」ではなく、

「精神的に余裕があるときに、長期的な視点で転職活動を始める」というのが理想です。

管理人

仕事のストレスが限界に達してしまうと、

新しい行動を起こすのがとても苦しくなります。

辛い気持ちをそのままずるずると放置してしまうと、深刻な事態になる可能性が高いです。

転職サイトに登録しておくと、

あなたの職歴や希望年収にマッチした最新の求人がメールで送られてきます。

気になった求人情報をブックマークしておくだけでも、

「今の職場がどうしても嫌になったら転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

転職サイトは無料で使うことができますので、まずは、

自分はどんな仕事に転職できる可能性があるのか?

の情報リサーチから始めて見ましょう。

管理人

↓おすすめの転職サイトはdodaです。

常時10万件以上の求人が登録されていますので、

あなたの条件に合った企業がきっと見つかりますよ。

(dodaは10万件以上の求人が常に登録されている大手転職サイトです)

\ 高年収!優良求人多数あり/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.