不動産業界の転職体験談

不動産事務はやめとけ?向いてない人の特徴とブラック求人の見分け方

不動産事務 やめとけ

(不動産事務はやめとけ?向いてる人/向いてない人の特徴を解説!)

  • 不動産業界の事務の仕事はきつい?
  • つらい・辞めたい…と感じるのはどんなとき?
  • 不動産事務はやめとけってネット口コミでよく言われるのはなぜ?
  • やめたほうがいいのはどんな人?逆に向いてる人の特徴は?

この記事では、不動産事務のリアルな仕事内容を紹介します。

仕事でつらい・もう辞めたい…と感じてしまう瞬間や、

この仕事に向いてる人/向いてない人の特徴について、

↑実体験者が赤裸々に語りますので、

これから未経験で不動産事務への転職を検討している方は参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人

不動産事務として20年近く働いています(転職経験あり)
未経験入社してすぐの頃は接客やお茶くみがメインでしたが、その後に宅地建物取引士に合格して現在は賃貸借契約者の説明や重要事項の説明などもやるようになりました。

好条件な不動産求人がなかなか見つからない方へ!

おそらく「探す場所」でミスってる可能性大です。

不動産業界の求人に強い転職サイトで探すようにしましょう。

ハロワに頼るとかブラック一直線なので注意して下さいね。

↓良質な不動産業界の求人が多数ある無料転職サイトです。

求人検索で探してみてください。

(現時点で求人4114件あり)

※ 求人をすべて見るには無料登録が必要です。

体験談の投稿者

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

\ 好条件求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

【不動産事務の平均年収】月給手取りはどのぐらい?

不動産事務 やめとけ

(不動産事務の給料はいくら?)

 

未経験で不動産事務に転職した場合、

年収350万円〜400万円からスタートの会社が多いと思います。

↓ボーナス支給が夏と冬の年2回として、

月給25万円〜30万円程度の会社が多いですね。

不動産事務 やめとけ

不動産事務 やめとけ

あと不動産業界の実務経験者や

↓宅建士合格者はもう少し年収高めで働けると思います。

転職経験者

不動産事務 やめとけ

>>不動産事務の年収を実際の求人で見る(転職サイト無料登録でリアルな年収を見られます)

【不動産事務の仕事内容】つらい/辞めたいと感じるのはどんなとき?

不動産事務 やめとけ

(不動産事務の仕事はつらい?やめたいと感じるのはどんなとき?)

 

アパートやマンションなど不動産についての事務を処理するのが不動産事務職の仕事です。

実際に不動産事務の仕事をしていて、

つらい/もう辞めたい…と感じる瞬間としては、

↓以下のようなものが挙げられます。

1. クレームへの対応が必要なとき

不動産会社には、物件入居者からクレームの電話がかかってくることがあります。

クレーム対応については

営業さんが担当する会社と、

事務職が担当する会社があると思いますが、

私が勤めている会社では事務職の担当業務になっています。

転職経験者

クレームの具体的な内容としては、

↓例えば以下のような感じですね。

  • 上の部屋の足音がうるさい。
  • エアコンが使えないからなんとかしてほしい。
  • 上階から水漏れして部屋の中が水浸しになっている。
  • 家賃の引き落としをもう少し待ってほしい…など。

他にも家賃を滞納している入居者に督促の電話をしたりすることもありますね。

もちろん、あまりにもひどいクレームについては、

営業所の責任者(支店長など)や営業担当者が代わってくれますが、

年に何回かは「世の中には変な人がいるもんだ…」

と感じるひどいクレームに遭遇することがあります。

2. 細かい法律のルールを覚えるのがつらい

不動産事務の仕事は、

法律のルールをおぼえないといけない場面がたくさんあります。

しかも法律のルールというのはしょっちゅう改正されますから、

ある程度仕事を覚えた人も継続的な勉強が必要になります。

もっとも、不動産事務として働きたい人の中には、

宅建やFP技能士など

不動産資格のために勉強した知識を生かしたい

と考えている人も多いでしょう。

転職経験者

そういった人にとっては、

むしろ法律ルールの勉強は慣れ親しんだものに感じるかもしれません。

過去に不動産関連の資格試験の勉強をした経験がある人は、

不動産事務は知識と能力を活かせる仕事だと思いますよ。

こんな人は不動産事務はやめとけ?やめた方がいい人の特徴

不動産事務 やめとけ

(不動産事務はやめとけ?向いてない人の特徴とは)

 

私自身は20年近く不動産事務をやっているのでこの仕事は好きですが、

↓以下のようなことに該当する人は、

この仕事は向いてない可能性が高いです。

あえてこの仕事に転職するのはやめたほうがいいでしょう。

1. 車の運転が苦手な人はやめとけ(必要ないケースもあるけど)

これは実際に応募する求人内容にもよりますが、

不動産事務は車の運転が求められることがあります。

特に車の運転が好き!である必要はありませんが、

  • 車の運転だけは苦手
  • 1人で運転すると事故る可能性大…

↑というタイプの人は、

交通事故にあう危険性も高くなるので

やめておいたほうがいいでしょう。

転職経験者

お客さんへの物件の案内時や、

退去後の部屋確認やクレームの際の現場確認、

銀行や市役所に行ったりなどですね。

もちろん会社によっては完全に内勤のみで車運転が必要ないこともありますが、

応募時には必ず「勤務時間中に車の運転をすることはありますか?」

と確認しておくのが良いでしょう。

2. 土日を確実に休みたい人はやめとけ

土日を確実に休みたい人はやめておいたほうがいいです。

不動産業界は水曜日を定休日にしている店舗が多いです。

シフト制のところがほとんどですが、

土日は来客も多いため休みがなかなかとれません。

土日が休みの友人や家族と休みが合わず

一緒に出かける機会が減ってしまうのが嫌な人は、

不動産事務は避けた方が良いでしょう。

もちろん、休日は会社によってルールが違うので土日休みの不動産会社もあります。

求人サイトなどで条件指定して検索もかけられますので検索してみてください。

>>不動産業界で働く人の求人探しにおすすめの転職サイトはこちら(無料)

3. 忙しいのが嫌な人はやめとけ(ざっくりしてるけどマジです)

かなりざっくりしてますがこれはマジです。

まったりと働きたい人は不動産事務はやめておきましょう。

特に小規模な不動産会社だと担当業務が明確に決まっていないことが多いため、

非常に多くの業務をこなすことが求められます。

↓例えば、以下のような感じですね。

  • 接客
  • 物件の案内
  • 契約説明
  • クレーム対応
  • 督促
  • 更新業務
  • 退去後の立ち会いや敷金清算
  • 入居前の部屋確認
  • オーナー様への収支報告書作成

逆に言えば、いろんな業務が経験できるので、

  • 不動産業界でずっとやっていくつもりの方や、
  • 事務職でもしっかり給料を稼ぎたい人

↑は不動産事務に向いてると思います。

業界的にお給料は高めなので、

事務職でもバリバリ働いてお給料を上げていきたい人は不動産事務はおすすめですよ。

>>不動産業界に転職する人が知っておくべきたった1つのこと

こういう不動産事務求人はやめとけ!ブラック職場の見分け方

不動産事務 やめとけ

(こんな不動産事務の求人に応募するのはやめとけ)

 

不動産業界は、入社する会社によって職場環境がかなり違うのも特徴です。

実際に応募する会社をしぼりこむときには、

↓以下のようなポイントを知っておくと良いと思いますよ。

1. いつ転職サイトを見ても求人募集している会社はやめとけ

これは転職サイトあるあるですが、

いつみても常に求人が出ている会社はやめておいた方が良いです。

企業が転職サイトに広告を出すのにはお金がかかっています。

なので、わざわざお金をかけてまで求人広告を出している会社というのは、

新人が入社してもすぐに辞めてしまっている可能性が高いです。

こういう人手不足になっている会社では、

従業員1人あたりの仕事量が大い傾向があります、

忙しいわりに給料が安い…

みたいなしんどい状態になっていることが多いんですね。

体験談の投稿者

なお、転職サイトを日常的にみるクセをつけると、

こういう危険なブラック求人にも気づけるようになります。

(求人を見た瞬間に「なんとなくこの会社やばそう」

というアンテナが働くようになります)

転職活動って情報リサーチが命なので、

不動産業界に強い転職サイトを活用するようにしましょう。

2. 残業時間や有休消化率など「具体的な数字」がない会社はやめとけ

転職サイトやハローワークのサイトを見ると、

「アットホームな職場です!」とか

「働きやすい職場環境です!」

みたいな表現をよく見かけますよね。

ただ、こういうざっくりした書き方しかしていない会社の求人は危険です。

どんなに立派なことが書かれていても、

具体的な数字で書かれていないなら信頼性は低いと考えましょう。

  • 残業時間月◎時間(令和3年の実績値)
  • 年収580万円(入社3年目・28歳女性)
  • 有休消化率◎%(令和3年度)

↑など、具体的な数値でアピールポイントが書かれている求人を狙うようにしてください。

特に、残業に関する数字表記がない求人は危険です。

日中はお客様対応や電話対応に手をとられ、

事務仕事は閉店してからやり始めるみたいな会社は多いです。

不動産業界は繁忙期は忙しいので夜遅くまで残業…なんてことも多いです。

就業規則では「残業は3時間まで」など時間が決められていることも多いため、

それを超える部分についてはサービス残業をさせられるなんてひどい会社もあります。

求人には「有給10日」と記載があってもほとんど有給が使えなかったり、

有給を使った分ボーナスから差し引かれることもあります。

また産休や育休が取りにくい会社もあるため事前に確認するようにしましょう。

就業規則は求人票に記載されていないことも多いため、

面接時にできれば確認するのが大切ですね。

【ブラックにまちがえて入社すると地獄】不動産業界への転職で気をつけるべきたった1つのこと

(不動産業界は「どういう会社に入るか?」が重要)

 

不動産業界ってブラック企業とホワイト企業の差がめちゃくちゃ激しいので注意してください。

まったく同じ内容の仕事をしていても、

  1. ブラック企業で安い給料で搾取されてしまう人
  2. ホワイト企業でワークライフバランスと高年収を実現する人

↑この2種類に分かれてしまうのが現実なんですね。

重要なのは「応募する求人をしっかりしぼりこむこと」です。

私も経験があるんですが、

とりあえず不動産業界に入れたらどこでもいいや…

↑みたいな感じで転職活動すると、

ほんと地獄を見ることになります。

(私はまちがえてブラックに入ってしまい、その後転職しました。

今思うと、ほんと無駄な時間と労力でした)

不動産業界で働くなら、ホワイト企業に入りましょう。

↑この業界で働くなら、

未経験者でもここだけは絶対にこだわってください。

ブラック企業に入ってしまうと、

まじで人生の一定期間をドブに捨てることになりますんで。

業界未経験でもちゃんとしたホワイト会社に入ることは可能ですよ。

不動産求人に強い転職サイトで情報リサーチするのがコツ

(ライバルには差をつけるべし!不動産業界に強い転職サイトを活用しましょう)

 

転職サイトっていろんなところがあります。

注意すべきなのは、それぞれの転職サイトによって

得意な業種業界があることです。

ブラック企業に絶対に入りたくない人は、

不動産業界の求人に強い転職サイトで求人を探すのが良いです。

↓以下のような条件の良い求人を見つけることができますよ。

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

不動産業界「営業職」の求人例

(不動産営業の求人例)

(不動産営業の求人例)

(不動産営業の求人例)

>>不動産営業職に強い転職サイト
無料登録して年収を見てみる

不動産業界「事務職」の求人例

(不動産事務の求人例)

(不動産事務の求人例)

(不動産事務の求人例)

>>不動産事務職に強い転職サイト
無料登録して年収を見てみる

 

↓この他にも、以下のような感じの不動産求人があります。

くりかえしになりますが、

不動産業界はどこで求人を探すか?がめちゃくちゃ大事なので、

くれぐれも注意して下さい。

  • 20代で年収1000万円を狙える不動産売買営業の求人
  • 残業なしなどワークライフバランス重視で働ける求人
  • 在宅勤務OKな事務職リモートワーク求人
  • だれもが名前を聞いたことのある超大手不動産企業の求人
  • 最初から幹部候補で入社できる実務経験者むけ求人
  • 宅建士など不動産資格を活かせる不動産求人
  • 学歴不問でフリーターやニートから挑戦できる未経験OKの求人

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

\ 不動産業界に強い転職サイト!/

無料登録して求人を見てみる

↑無料で使えるサイトですので、

情報リサーチに活用しましょう。

無料アカウントを作ると実際の求人で年収を見られます)

今すぐ転職するかどうかはわからないという人も、

転職サイトの無料アカウントは作っておきましょう。

サイト内で希望年収や企業規模などを入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに通知してもらえるので見逃しがくなります。

条件の良い求人って早い者勝ちなので、

情報リサーチでライバルに負けないようにしないとダメです。

↑こういうのって精神的に余裕のあるうちにやっとく方が良いです。

日常の疲労やストレスが限界になると、

転職サイトに登録するという簡単な作業でもやる気がなくなるからです。

(そうなるといつまで経っても苦しい状況から抜け出せなくなります)

あと、普段から転職サイトで求人情報を

こまめにチェックするくせをつけておくと、

今の環境がどうしてもしんどくなったら、別の選択肢(転職)もある

と気付けるのが重要なんですよね。

いい意味での逃げ道を普段から作っとくのが大事ですよ。

不動産業界はホワイトとブラックの差が激しいので、

必ず不動産業界の求人に強い転職サイトで求人を探すようにしてください。

不動産業界は求人を探す場所をまちがえてしまうと、

地獄のような環境のブラック企業で搾取されることになります。

私も経験ありますが、まじで寿命がちぢまりますよ。

このブログを最後まで読んでくださったあなたは

ぜひ転職活動を成功させ、

ホワイトな不動産会社でワークライフバランスを維持しつつ高年収になってください。

↓まずは情報リサーチから始めましょう。

情報量でライバルに差をつけるのが大事ですよ。

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

\ めざせ高年収!不動産求人を見てみる/

無料登録して求人を見てみる

※転職サイトは無料で使えるサイトです。

料金が発生するようなことは一切ありません。

-不動産業界の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.