Sponsored Links

転職サイト・転職エージェントの使い方

転職エージェント経由で応募した企業から直接連絡がきたら?

転職エージェント経由で応募した会社で不採用になったけど、

その後になって「欠員が出たのでもう一度応募しませんか?」と直接連絡が来た。

これって応じてもいいの?

↑今回は、こうした疑問にお答えします。

採用側の企業と直接連絡すると、転職エージェントを無視するようで、なんとなく気が引けますよね。

過去に転職エージェント経由で応募したことがある企業から直接連絡が来た場合は、どのように対応するのが正しいのでしょうか。

マイナビエージェント

ホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営する転職サイトです。
鉄板の大手サイトなので、転職活動が初めての人も使いやすいですよ。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
実務経験者限定の高年収800万円〜、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など、好条件な求人が多数あります。

企業から直接連絡が来たらどうする?

転職エージェント 企業から直接連絡

(過去に転職エージェント経由で応募した企業から直接連絡が来たら応じてもいい?)

結論からいうと、求職者(つまりあなた)は、企業側と直接連絡を取ったとしても特に問題はありません。

企業から直接連絡が来て、その企業にぜひ入社したいと思えるのであれば、選考に進んでも良いでしょう。

(ただし、この場合には注意点があります。くわしくはこちら

問題が生じるとしたら、採用を行う企業と、転職エージェント会社の間でのことです。

以下は求職者の立場の方は特に理解しておかないといけないことではありませんが、

転職エージェントというのはこういう仕組みになっている」ということは知りたい方は参考にしてみてください。

過去に応募したのが1年以内かどうかが重要

「過去に応募したのが1年以内」の場合は、企業側とエージェントの間で問題が生じる可能性があります。

エージェントと企業とは、契約を交わす際に「1年以内に他のエージェント会社経由で応募がある場合は、最初のエージェントに紹介手数料を受け取る権利がある」という内容の契約を結んでいるからです。

(※必ずではありませんが、ほとんどのケースでこういう契約になっています)

逆に、「エージェント経由で応募したのが1年以上前」である場合には、何の問題もありません。

この場合は、すでに企業側とエージェントの契約は切れているからです。

さらにいうと、いずれのケースでも「応募者(つまりあなた)がエージェントを変えたい」という意思表示をしている場合には、契約内容を変更できる仕組みになっています。

どうしても「過去に応募したエージェントが嫌だ、自分に合わない」「他のエージェントから推薦してほしい」などの希望があれば、契約よりも応募者の意思が尊重されることになっているわけですね。

>>そもそも企業側が求職者と直接連絡を取りたがる理由とは?

実際にあった事例①

半年前にあるエージェントA社から応募し、書類選考で不採用になってしまった人がいました。

その後、他のエージェントB社から同じ企業の紹介があり、志望度が高かったので再度応募することになりました。

半年前には書類選考でNGでしたが、今回は書類選考通過し、一次面接に進むことになりました。

念のため半年前に関わったエージェントへ報告すると、エージェントA社からは「権利は自社にあるので、途中段階でもサポートするエージェントがA社に変わる」と言われました。

求職者ご本人は現在のエージェントB社を希望していたので、現在のエージェントに相談し、過去に関わったエージェントと交渉をしてもらいました。

そのまま現在のエージェントB社から選考を進められることになり無事内定となりました。

実際にあった事例②

8ヶ月前にエージェント経由で書類選考NGになった企業から、なぜか直接スカウトメールが届きました。

その企業は志望度が高い企業だったので、再度チャレンジできるのであればと思い企業へ返信をし、そのまま面接に進みました。

面接を上手く進み、今回は内定となりましたが、企業から「エージェントには内緒にしてほしい」と言われ、内定がなくなるかもしれないという不安からエージェントには言わず内定を受理しました。

ただ入社してみると聞いていた内容との乖離(残業時間や業務内容、休日出勤など)が多く、早期に退職となってしまいました。

企業側が直接連絡を取りたがる理由

なぜ、採用活動を行う企業側は、求職者と直接連絡を取りたがるのでしょうか。

結論からいうと、企業側はできれば紹介手数料をエージェントに支払いたくないという事情があります。

エージェントは、自社の紹介で採用が決まったときに、「求職者の初年度の年収×報酬料率」というかたちで紹介手数料を受け取ります。

この紹介手数料は、採用を行う企業側から見ればコストです。

自社に直接応募してくれた扱いにできればこの紹介手数料は節約できますから、採用コストを少しでも下げたい企業は、求職者に直接連絡を取ろうとすることがあるのです。

企業側は、人を採用するのに予算がかかる

エージェント経由で転職が決まった場合は、企業側には「想定年収の約30%」の仲介料金が発生します。

低い企業は25%、高い企業は35%くらいの契約です。

例えば600万円の年収で内定になった場合は、エージェントには180万円(30%だった場合)を支払うことになります。

一方で企業HPからの直接採用や、企業の人事担当が直接スカウトをして採用した場合は、コストは10万円以下です。

エージェント経由で採用することは企業にとっては大きな投資になるのです。

契約ルール的に問題はないの?

企業側がエージェントを使いつつ、求職者と直接連絡をとることは、契約上は問題があります。

エージェントとしては、これをやられてしまってはただ働きになってしまうからです。

採用という活動には、コストが生じるのは当然のことです。

企業側はこれを節約するためにエージェントを使いますが、「契約違反をしてでも節約をしよう」と考える企業が、果たして優良企業と言えるでしょうか。

(例えば、日本を代表するような有料企業が、こんなことをするでしょうか?)

直接連絡を取りたがる企業はブラックな可能性大

なお、これは私の経験からいうことなのですが、

人材を採用することに対して、細かくコストを削減しようとする企業」は何かと問題がある企業であることが多いです。

企業にとって、「ヒト・モノ・カネ」は重要な経営資源です。

その中でもヒトにお金をかけない会社は、万事につけこうした態度を取りがちなのです。

↓具体的には、以下のような感じですね。

  • ボーナスが少ない
  • 残業代が出ない
  • 昇給が少ない
  • 新人研修をしない
  • 退職金制度がない

エージェントと契約違反をしてでも採用コストを抑えようとする気ぎょは、

とにかく「ヒトの確保に対してお金を出すことにケチ」なのです。

やや極端にいえば、社員という経営資源を少しでも安上がりで集めようとする傾向がああります。

もちろんすべての会社がそうというわけではありませんが、ヒトにしっかり投資する余裕のある企業を選ぶことは求職者にとっても大切なことです。

まとめ:ヒトにしっかり投資する優良企業に採用されたいなら…。

人材に対してしっかりと投資している企業に採用されたい方は、

ぜひ転職エージェントに相談することをおすすめします。

エージェントは年がら年中「良い企業はないか?」と探し回っている人たちですので、あなたの職歴や希望条件に最適な求人を紹介してくれますよ。

エージェントは正しく利用すればちゃんと力になってくれますので、上手に活用してみてくださいね。

【損失がでかすぎ】向いてない仕事で人生を浪費するな

(合わない仕事で人生を浪費するのは損失がでかすぎます)

  • この仕事、自分には向いてないと感じる…。
  • やりがいをまったく感じない。毎日何も楽しくない。
  • 職場の人たちがぜんぜん好きになれない…。

↑こんなふうにモヤモヤしながら働いている方、

きっと多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは「自分に合ってない仕事や職場で、人生の貴重な時間を浪費するのは、本当にもったいない」ということです。

20代で年齢的にうちはまだいいかもしれません。

何ごとも経験だから…。

でがまんできる人もいるでしょう。

管理人

でも、これがこの先30年以上ずっと続く…と考えた場合どうでしょうか。

例えば、いま25歳の人なら定年が65歳として、

あと40年(…!)は仕事人生は続きます。

つまり、仕事って人生のほとんどの時間をかけてやっていくものなんですよね。

どうせならやりがいを感じられる仕事の方がいいと思います。

自分に向いていない仕事で、

毎日苦痛を感じながら生きていくなんて、

いったいなんのために生まれてきたんだ…。

って感じても不思議はありません。

(むしろ自然な感情でしょう)

ですが、残念ながらほとんどの人が

「みんながまんしてるんだから…」

で自分も我慢してしまうのが現実です。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

どんな仕事でも「向いてる/向いてない」が絶対にある

(営業職も事務職も「向き不向き」が必ずあります)

 

これはすべての種類の仕事についていえることですが、

仕事って向いてる/向いてないが絶対にあります。

例えば営業マンの仕事。

ものすごくまじめに頑張ってるけど、

なぜか成果が出ない人っているんですね。

その一方で、毎日テキトーに仕事してても、

キャラや見た目の良さでポンポン成果を出してしまう人っています。

事務職でもこれは共通です。

毎日、一生懸命やってるのになぜか職場で嫌われたり、

足を引っ張られたりする人がいる一方で、

どんなにミスをしてもなぜか許されちゃうみたいな人っていますよね。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

私も新卒入社した会社で営業配属だったのですが、

ダメダメでした。

本当に嫌で嫌でしょうがなくて、

毎日やめたい…と感じながら働いてましたね。

↑当然ながらこんな働き方で成果なんて出ません。

私がモタモタしているうちに、

楽しみながら仕事をしていた

同期たちにはどんどん差をつけられました。

管理人

同期入社の連中はどんどん成果を出し、

役職付きになって昇給していくのに、

自分だけずっとヒラ社員の安月給…。

まわりからも「あいつは仕事ができない」と見下され、

自分でもそんな自分がどんどん嫌いになっていく…。

↑これめっちゃつらいです。

その後どうしても耐えられなくなって

事務系の仕事に転職をしたのですが、

こちらは自分に合っていたのか、

割とすぐに成果を出すことができました。

営業マン時代は完全に「無能」あつかいされていた自分が信じられないぐらい、

すんなりと仕事内容を覚えられたんですね。

仕事には「向き不向き」があるのを痛感した瞬間でした。

仕事がちゃんとできると、職場内での人間関係もスムーズになります。

一緒に働く人たちも「あいつは役に立つ」と認めてくれますから、

仲間として受け入れてもらえるんですね。

「向いてない仕事でがんばる」のは損失が大きすぎる

(どんな仕事にも向き不向きがあります)

 

「好きこそものの上手なれ」ってことわざがありますが、

仕事に関してはこれほんと真理だと思います。

本当はもっと力を発揮できる仕事があるのに、

たまたま自分に合わない仕事を選んでしまったばっかりに、

苦しい思いをして働いている…。

↑こういう損してる人が多すぎます。

仕事なんて実際に現場に出てみるまでは

向いてる/向いてないなんてわからないので、しかたないんですけどね。

逆に言えば、いまうまくいっていない人にも必ず

「これならやれる」って思える仕事はあります。

管理人

ただし、まったく未経験の仕事に転職するのって、

年齢が高くなるほど難しくなるのにも注意です。

今の仕事が合ってないと感じている人は、少しでも早く対策をとりましょう。

自分に向いてる仕事を見つける方法(ハロワは使うな)

(自分に合った仕事を見つける方法とは?)

 

どうすれば自分に合った仕事を見つけられるのか?ですが、

まずは情報収集から始めましょう。

  • いま現在、世の中にはどんな仕事があるのか?
  • 自分の性格で向いている仕事ってどういうものなのか?
  • どういう仕事をしている人が給料高いのか?
  • どういう業種にニーズが集まっているのか?
  • どういう業界が今後も伸びていくのか?

↑こういったことについての現状把握から始めることがたいせつです。

具体的には無料の転職サイトを使って、

現在募集されている求人をチェックしてみましょう。

(↑無料アカウントのみで、求人検索で年収を見られます)

管理人

なお、求人はハロワとかでも一応は探すことができますが、

正直ブラック求人が多いので避けた方が良いですね。

ハロワって政府が「本当に本当に仕事がなくてどうしようもない状態の失業者」向けに提供しているサービスです。

はっきりいって生活保護と同じレベルの最低限のサービスなので、

最後の手段ぐらいに考えておきましょう。

普通に高校や大学出てて、

普通にネット使える環境の人は転職サイトを使いましょう。

転職サイトは無料サイトなので、お金がかかることはありません。

自分の年齢・職歴に合った転職サイトを使うのが重要(じゃないと門前払いを食らう)

(20代は「20代にあった転職サービス」を使うのが大切)

 

転職サイトを使う場合には、1つだけ注意点があります。

それは、自分の年齢や職歴に合った転職サイトを使うことです。

転職サイトっていろんな種類があって、

↓こんな感じでそれぞれ利用者層が違うんですね。

  • 30代〜40代のベテラン向け求人をメインであつかう転職サイト
  • 20代若手向けの求人だけをあつかう転職サイト
  • 金融業界の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 経理職の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 薬剤師や看護師など特定の資格を持つ人向けの転職サイト

例えば、20代若手の人が30代〜40代のベテラン向けの転職サイトとか使っても、

まず応募できる求人なんて出てこないです。

自分に合っていない転職サービスで仕事を探してしまうと、

マッチする求人件数0件…みたいな状態になってしまうので注意してください。

(いわゆる「門前払い」です。これってまじで絶望的な気分になります)

20代若手層の人は、

20代若手向け・未経験者OK求人がメインの転職支援サービス

↓を使いましょう。

管理人

(マイナビエージェントは20代の若手向け求人が充実している無料転職サイトです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見る

無料アカウント登録で求人検索機能を使えます。

(年収や残業時間などのくわしい情報を指定して検索できます)

転職支援サービスは、

自分の状況に合ったところを使う。

(20代は20代向け、未経験者は未経験むけのところ)

↑これは転職活動のコツというか鉄則です。

ネット使い慣れている人でも、

意外に見落としがちなポイントなので注意してください。

自分にマッチする求人は「探す場所」さえまちがえなければ、

誰でもちゃんと見つけることができますよ。

転職サービスは誰でも無料で使えます。

まだ転職するかどうかはっきり決めていない人も、

とりあえず無料アカウントは作っておきましょう。

管理人

無料アカウントを作っておくと、

自分にマッチする求人が出た時に最速で通知してもらえたり、

「こんな職種もありかも?」的な情報メールが定期的に受け取れます。

自分ではまず思いつかないような

意外な仕事の選択肢を知れたりしますよ。

未経験の職種に挑戦する場合、

はば広い選択肢の中から仕事を選ぶのが大切ですからね。

 

世の中で不況で「若い人は仕事なんてどこにもない…」とかとんでもないウソです

(探す場所さえ間違えなければ、仕事なんてたくさん見つかります)

世の中で不況とか言ってても、

実際には転職サイト内でものすごくたくさんの仕事が出回ってます。

こんなにたくさんの選択肢があるのか…!

とびっくりすると思いますよ。

日本の若年失業率はたったの3.7%です(世界平均は13.6%)

仕事は探す場所さえまちがえなければ山ほどあるんです。

あと、学生時代の就活ってある程度は選択肢がしぼられてましたよね。

(ある程度の大手企業に行こうと思ったら営業マンしかない…など)

でも、いったん社会人になった後の転職活動って、

選択肢がものすごく多いんです。

人事やマーケティングといった人気職種も、

未経験OKの求人がたくさんありますし、

最初から「将来の幹部候補」などのかたちで募集されている求人も多いですよ。

いざというときの選択肢を確保しておくのが重要

(いざとなったときの選択肢を準備しておくのが大切です)

転職支援サイトで無料アカウントを作ったら、

自分の年齢や職歴・希望年収などを入力しておきましょう。

条件にマッチする求人を定期的にメールで配信してもらうことができます。

自力で探していたらまず気づけなかった選択肢にも気づけますよ。

↑日常的に送られてくる求人メールをチェックしておいて、

気になったものを情報としてストックしておくのがコツです。

これやっておくと、

「今の仕事がどうしても辛くなったら転職もある」

という選択肢を持てるのが大きいです。

疲労とストレスで倒れる前に転職という対策を打てます。

今すぐは転職できない人も、

転職サイトへの無料登録はやっておいた方が良いです。

仕事のストレスや疲労が限界まで来ると、

無料登録すらやる気力がなくなります。

管理人

転職サイトは誰でも無料で使うことができます。

↓20代若手層の人がマッチする求人を見つけやすい転職サイトはこちらです。

(マイナビエージェントは20代の若手向け求人が充実している無料転職サイトです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見てみる




Sponsored Links

-転職サイト・転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.