仕事の悩み

万年ルーキーの職場を辞めたい…。後輩ゼロ・最年少で長年働くリスク

Sponsored Links
  • 会社に後輩が入ってこない…。
  • 万年ルーキー扱いで、いつまでたっても雑用ばかりさせられる。
  • 今の職場にずっとい続けるべき?

「万年ルーキーの職場を辞めたい…」と、毎日、ロボットのように会社へ通っている。

後輩ゼロ・最年少で長年働くリスクを認識し、機会があれば転職したいと思いながらも、現状を変えられない自分がいる。

現状は変えられないと思いますか?

結論から書くと、適切な転職によって、現状を劇的に変えられる可能は十分にありますよ!

この記事では、万年ルーキーの職場を辞めたいとお悩みの方向けに、

後輩ゼロ・最年少で長年働くリスクや転職のコツを具体的に解説します。

万年ルーキーでお悩みの方に大変役立つ内容になっていると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

万年ルーキーの職場で何年も働き続けることのリスクとは?

万年ルーキーの職場で何年も働き続けるリスクには、次のようなものがあります。

  • 若手社員の定期的な補充がない。
  • 責任感や主体性が弱くなってしまう。
  • 転職時に振りになる可能性がある。

私にも、「また今年も後輩は入ってこないのか…」などと、ずっと悩んでいた経験があります。

私自身が後輩が全く入ってこない職場で6年間、最年少として働いていた経験があるのです。

ですから、皆さんの「万年ルーキー」という悩みの辛さが痛いほど理解できます。

経験した人にしかわからない悩みかもしれませんね。

そんな万年ルーキーから抜け出せない職場で働く皆さんに、万年ルーキーの職場で働き続けるリスクについて、これから順に経験者の目線から具体的に解説していきますね。

若手社員の定期的な補充がない

若手社員の定期的な補充がない会社は、将来存続の危機に直面します。

「もう何年新しく若手社員の補充がないのかな」なんて、常日頃考えてしまいますよね?

だって、今の立場上いつまで経っても最年少のまま、職場では1番の後輩なわけですから。

薄々は感じているかもしれませんが、そんな会社って、実際のところヤバいかもしれません!

若手社員の定期的な補充がないということは、資金面で苦しい可能性が高いからです。

「本当は新しく若手社員を補充したいけど、育てる余裕も資金もない。

どうせ雇うなら即戦力の中堅社員になってしまう。」といった感じではないでしょうか。

じゃあ他の会社では、なぜ戦力になるまで時間がかかる若手社員を補充するのか?というと…

それは、長期ビジョンのもと、社員の年齢構成を考慮して採用計画を立て、会社を永続させるといった明確なミッションがあるからです。

長期的な視点で若手社員を採用し育てなければ、将来的な幹部候補たちは当然いなくなるわけです。

ですから、将来的には会社にとっては存続危機に直面するということです。

つまり、若手社員に対する先行投資(育成)がある会社を選ぶことが大切といえるでしょう。

責任感や主体性が弱くなってしまう

万年ルーキーの職場で働き続けると、どうしても責任感や主体性が弱くなってしまいます。

これはあなたに問題があるのではなく、職場に問題があることが原因です。 

誰だってそうなってしまいます…私自身もそうでしたので、よくわかります。

どうしても上司や先輩社員からの頼まれる仕事が多くなってしまい、受け身にならざるおえない現状はありませんか?

万年ルーキーの職場ではよくある光景です。

もっと責任感のある仕事を任されたり、自分が主体的に仕事を回すような仕事に憧れてしまいますよね?

他社で働く同世代と比較すると、どうしても自分の立場がイヤになり、焦りが出ることもあるでしょう。

転職時に不利になる可能性がある

転職市場の中で、マネジメントの経験値が求められることから、万年ルーキーは転職時に不利になる可能性があります。

後輩が入ってこない職場で働く万年ルーキーには、当然ですが管理職や主任などのマネジメントとしての経験がありません。

とは言いっても、まだ20代ならば、全く問題はありません!

20代であれば、管理職などの経験がなかったとしても、これからの伸び代に期待がもてるため、転職で不利になることはないです。

むしろ、少しかじった程度の管理職経験がある人ほど、懸念する会社もあるぐらいですよ!

管理職として変なプライドがあって、いざ雇うと逆に扱いにくいじゃないかと思われることもあるからです。

しかし、万年ルーキーから抜け出すことができないまま30代になってしまうと危険信号ですよ!

転職市場の中で、30代に求められるのは、責任感や主体性といったマネジメントの経験値です。

何も実績がないまま、30代になってしまうと転職市場でのあなたの価値はグンと低くなるリスクがあります。

今の職場で万年ルーキーの立場から抜け出せない可能性が高いなら、若いうちに「転職」を検討してみましょう!

30代になってしまってからでは遅いですからね。

万年ルーキーの職場から転職成功するためのポイント

万年ルーキーの職場から転職成功するポイントとしては次のようなものがあります。

  • 「将来の管理職候補」と明記しているに応募する
  • 新卒採用がある会社に応募する

「万年ルーキーなんてもうイヤだ!」

「もっともっと責任ある仕事がしたい!」

こんな風に思っている方は、もう少しお付き合いくださいね。

後悔しない社会人生活にするためにも、万年ルーキーから脱却しましょう!

万年ルーキーの職場から転職を成功させるためのポイントを次の項から紹介します。

「将来の管理職候補」と明記しているに応募する

「将来の管理職候補」と明記している求人に応募することにより、転職の成功につなげることができます。

そのように明記している会社は、実際に実例として、若い社員が経験を積み管理職になっているからです。

つまり、求人に明記していることから、会社の風土が見えてくるということですね。

そこで成長した若手社員が将来の管理職候補となるということです。

当然ながら、万年ルーキーといった風土はありませんし、当然後輩もどんどん入ってきます。

「管理職の即戦力を求む」といった求人には求められている経験が無いため、応募しないでおきましょう。

新卒採用がある会社に応募する

新卒採用をしている会社に応募することも重要なポイントです!

新卒採用があるということは、確実に後輩がいる職場ということになりますね。

新卒採用をしている会社には、充実したプログラムが用意されています。

社会人基礎力やビジネスマナーなど新卒を育成する研修制度や先輩社員が新卒にノウハウや仕事の仕方を教えるOJT制度などのプログラムです。

つまり、社員を育成する風土があり、万年ルーキーとは無縁といった感じでしょう。

できれば、毎年新卒採用をしている会社が望ましいですが、定期的な採用実績があれば良しとしましょう。

ここ5年新卒採用実績が無いといった会社は、避けたほうが良いかもしれません。

新卒採用実績が無いということは、資金面で苦しいことや新卒が育たないなどの何か理由があるので、積極的に応募は控えても問題ないでしょう。

終わりに

今すぐは転職するかどうかわからないという段階の人も、

転職サイトへの登録は今やっておきましょう(無料でできます)

転職活動は、あなたの人生に大きな影響を与える重要な決断ですから、

「今の職場で追い込まれてしまい、どうしようもなって転職」ではなく、

「精神的に余裕があるときに、長期的な視点で転職活動を始める」というのが理想です。

管理人

仕事のストレスが限界に達してしまうと、

新しい行動を起こすのがとても苦しくなります。

辛い気持ちをそのままずるずると放置してしまうと、深刻な事態になる可能性が高いです。

転職サイトに登録しておくと、

あなたの職歴や希望年収にマッチした最新の求人がメールで送られてきます。

気になった求人情報をブックマークしておくだけでも、

「今の職場がどうしても嫌になったら転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

転職サイトは無料で使うことができますので、まずは、

自分はどんな仕事に転職できる可能性があるのか?

の情報リサーチから始めて見ましょう。

管理人

↓おすすめの転職サイトはdodaです。

常時10万件以上の求人が登録されていますので、

あなたの条件に合った企業がきっと見つかりますよ。

(dodaは10万件以上の求人が常に登録されている大手転職サイトです)

\ 高年収!優良求人多数あり/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.