マイナビのプロモーションを含みます




Sponsored Links

SE・ITエンジニアの転職体験談

SEが給料上げるには?平均年収の413万円を稼げてない人の対処法

se 給料 上げるには

SEが給料を上げる方法って?

  • SEだけど給料が低い!どうしたらいい?
  • 年収が良くてもブラックな職場では働きたくない!
  • 転職で高収入SEになれる?

SEとして働いているけど、給料が少なくて不満…。

そんな悩みを抱えていませんか?

SEの平均年収は決して低くはありませんが、勤務年数があるにも関わらず平均を下回っているようであれば、

給料を上げるにはどうすべきか真剣に考えるべきでしょう。

この記事では、SEが給料を上げるための方法や、転職する場合の注意点について解説します。

SEとして給料アップを目指す方は、参考にしてみてください。

この記事を書いた人

私は社会人歴4年目のシステムエンジニア(SE)です。

プログラミング未経験で新卒としてIT企業へ就職し、SEとなりました。

現在は業態がSESのスタートアップ企業に転職し、客先駐在エンジニアとして働いています。

年収の高いホワイト企業の求人がなかなか見つからない人は、

「求人を探す場所」を間違えている可能性が高いです。

高年収なホワイト企業の求人は、

ホワイト求人に強い転職サイトで探しましょう。

ハロワで探す…とかはブラック一直線なので注意して下さいね。

↓こちらはホワイトな求人が多数見つかる転職サイトです。

実際の年収も見られる無料のサイトなので、

求人情報を探すのに使ってみて下さい。

体験談の投稿者

\ 高年収なホワイト求人多数あり!/

無料登録して求人を見る

SEの平均年収は413万円!この金額を稼げてない人はやばい

se 給料 上げるには

SEの給料、いくらだったらヤバい?

ある転職サイトが2022年に行った調査では、IT/通信業界全体の平均年収は436万円でした。

全職業の平均403万円を上回っていることからも、稼ぎの良い職業だといえます。

そのなかでSE/プログラマの平均年収は413万円です。

IT業界の中では低めの年収ではありますが、全体平均よりは高収入の部類になります。

実際はプログラマとSEでも収入の差があると思いますし、経験年数的にも若い人が多い職種のため、

IT業界内では平均年収が低めになっていると考えられます。

しかし、言い方を変えれば、ある程度の勤務年数がありつつSEで年収413万円以下の場合は、働き方や勤務先を考えるべきかもしれません。

なお、IT業界の中で年収が高い職業を見ると、プロジェクトマネージャーが686万円と最も高収入で、

次にプリセールス、ITコンサルティングが590万円以上となっています。

SEから上記の職業にステップアップしていく人も多いです。

年収が平均以下の理由

それなりの勤務年数があるにも関わらず、「SEやってるけど年収413万円もいっていない…」という人は正直やばいです。

なぜかというと、かなり会社に搾取されている可能性が高いからです。

年収413万円の場合、賞与は月収の2ヶ月分として年2回支給されるとして計算すると、月収が26万円ほどとなります。

初級SEの単価は月50万円ほどなので、一人が稼いだ金額の約半分を会社が持って行っていることになります。

もちろんテスターや初級プログラマの場合などは、単価が30〜40万円ほどでSEより低くなるので年収は300万円代になることもあるでしょう。

また、下請けになればなるほど仲介業者にもお金がとられる仕組みなので、社員への給料は低くなっていくのです。

>>2023年に転職活動を始める人が注意すべきたった1つのこと

SEが給料を上げるためにもっとも重要なこと

se 給料 上げるには

SEが給料を上げるための注意点は?

SEの年収は「どういう会社で働くか?」によってほぼ決まるといっても過言ではありません。

どんなに優秀でやる気がある人であっても、ブラック企業に入ると低年収で搾取される存在になってしまいます。

ブラック企業で働くSEの労働環境は悲惨すぎる

SEはブラック企業が多いというイメージがあると思いますし、実際にそんな悲惨な環境で働いている人達がたくさんいます。

私が経験した現場でも、休日出勤、サービス残業が横行している企業がありました。

プロジェクトが炎上するところがいくつかあったり、急な仕様変更が起こって残業続きになったりと、かなり悲惨な会社でした。

私自身はそこの社員ではないので立場的には気楽でしたが、休日出勤で手伝ったりしていました。

サービス残業をしなくてはならないような会社は早くやめるべきだと思いますし、実際にチームにいた社員の人は全員1年以内に退職していきました…。

まじめなSEほど「残業する・資格取得」などで頑張ってしまう

私が最初に働いていた会社では基本給が低すぎるのもあって、残業している人がとても多かったです。

単純に仕事量が多くて残業になることもありますが、残業代を稼ぐために昼間居眠りをする人までいました。

ダラダラ仕事して給料が少し上がっても自分の時間は減りますし、過ごし方としてもったいないと思います。

もちろん、仕事にまじめに取り組んだうえで残業している人もいましたし、資格手当があったので資格取得のために勉強している人もいました。

しかし、重要なのはそこではありません。

いくら残業代が支給されても、資格手当があったとしても、基本給が低いのはどうにもならないのです。

いきなりフリーランスになる!もNG

フリーランスという働き方を選択し、高収入を得ている人も多いです。

スキルも経験も十分にあるなら転職して給料アップすることは容易ですし、フリーランスを検討してみるのも問題ないかもしれません。

しかし経験が浅いうちは特に、すぐにフリーランスに転向することはリスクの方が大きくおすすめできません。

経験が浅い人の場合はそもそもなかなか好条件の案件が見つからず、収入がさらに低くなってしまう可能性もあります。

フリーランスを考えているなら、慣れるまでは副業でやっていくことや経験を積んでから転向することを検討しましょう。

◇給料UPを目指すなら転職を検討するべき!

自分の給料が相場と比較してどのラインにあるのか、基本給が十分に支払われているのかを見直してみてください。

そのうえで、「給料が低すぎる、もっと稼ぎたい!」と感じるのであれば、ぜひ転職を検討しましょう

給料アップの一番の近道は転職して会社を変えることです。

そして、安全かつ確実に年収アップするなら、在職中から年収にこだわって転職活動するのが鉄則です。

私もSE未経験1年目で年収300万円以下だった会社から転職し、現在は年収が450万円以上になっています。

利用する転職サイトも重要!

求人を探す際に、どの転職サイトや転職エージェントを利用するかについても、高収入な優良企業を探すためには大切です。

SEなら、ITエンジニアの転職に特化している転職サイトやエージェントを使用しましょう。

やはり求人の数が圧倒的に豊富ですし、大手企業の求人も出ていますし高収入な求人が多いです。

求人検索のポイント

漠然と「給料を上げたい」と考えているよりも、「今の給料からいくらアップさせたい」、

「何年後には年収いくらを目指したい」など明確な目標を持つことが大切です。

そのため、転職サイトで検索するときには、最低年収と、高還元/高収入など給料アップに関係するキーワードを設定しましょう。

例えば、転職サイトで「初年度年収400万円以上」「高収入」のキーワードで検索すると、

月給30万円以上で設定されている企業や、前職から収入が100万円以上アップしている実績がある企業などがヒットします。

年収が100万円上がることは、転職せずにいる場合との5年後を比較したとき、500万円も多く稼げることになるのです。

また、未経験で挑戦可能な企業もあるため、スキルや経験が浅い人でも成長しながら給料アップが狙えます。

【ブラック企業に注意】2023年に転職活動する人が注意すべきたった1つのこと

(これから転職活動を始める人に知っておいてほしいこと)

 

2023年現在、コロナも明けてブラック企業とホワイト企業の労働環境の差はますます広がっています。

これから転職活動を始める人は、

ブラック企業の求人にまちがえて応募しないように注意して下さい。

↓まったく同じ職歴や年齢でも、

  1. ブラック企業で働く人たち
    安い給料で誰からも感謝されず、しんどい働き方をしている人たち。
    新人は「利益を生み出さないお荷物」みたいな扱いで放置され、ひたすらに搾取の対象として酷使され、遅かれ早かれ退職を余儀なくされキャリア(職歴書や履歴書)にも傷がついてしまう…。
  2. ホワイト企業で働く人たち
    最初から平均より高い給料が設定され、職場の仲間と協力しながらやりがいを持って働ける環境で、残業も少ないのでワークライフバランスを実現できる人たち。

↑この2種類の働き方をしている人がいるのが現実です。

職歴もスキルも年齢も同じなのに、なんでこんな差がついてしまうのか?ですが、

これはあなたがこれから働く会社が、

ちゃんともうかっている会社かどうか?

(ちゃんと利益を出せている会社か?)によって生まれる違いなんです。

利益の出ていない会社は常に人手不足で余裕がありません。

利益が出ていませんから当然お給料も安くなりますし、

みんなイライラと不満を持ちながら働くことになるので、

必然的に職場環境が劣悪になりがちなんです。

(これがブラック企業が生まれる仕組み)

どんなに優秀で、やる気のある人であったとしても、

入社する会社をまちがえるとブラックな働き方になってしまうということですね。

なので転職活動のやり方ってたいせつなんです。

  • 「採用される可能性が高そうな求人なら、とりあえずどこでもいい」
  • 「とりあえず希望職種や希望業界に入れるならどこでもいい…」
  • 「入社時はお給料が安くても、がんばって結果を出せばアップしていくはず…」

↑みたいな感じではなく、

最初からしっかりとホワイト企業の求人だけにしぼりこんで応募することが大切になります。

ここだけはきちんとやっておかないと、

入社後になってからものすごく後悔することになってしまいますよ。

会社って、入社後にはお給料や残業時間の交渉とかしてくれませんからね。

こちらの希望を伝えられるのって、基本的に入社前だけです。

体験談の投稿者

これ、実は私もやってしまったミスなんですが、

当時無職ニートだった私は、

「とりあえず採用してもらえるなら、どこでもいいや…」

↑みたいな感じで適当に転職活動していました。

(ハローワークやリクナビの「おすすめ求人」みたいなやつに、

内容も見ずにかたっぱしから応募してました)

今から考えたらアホだったなあ…という感じなんですが、

これやってしまうと、本当に地獄を見ることになります。

 

一度入った会社は、そう簡単には辞められない(数ヶ月〜1年は拘束される)

(いったん入社した会社は、辞めたくてもそう簡単には辞められません…)

一度入った会社って、そう簡単には辞められないんです。

いろいろ理由をつけて退職日って引き延ばされますし、

たとえ正式に退職願いを出しても、

少なくとも数ヶ月〜1年間は気まずい職場でがまんすることになってしまいます。

どうせ辞めることを決めているどうでもいい会社のために、

自分の人生の貴重な時間をささげるとか最悪ですよね…。

でも、もう嫌だから明日でいきなり仕事辞める!とかやってしまうと、

自分の履歴書が汚れることになるので、これも簡単にはできません。

私もまちがえてブラック企業の求人に応募してしまい、

最悪な労働環境の職場に入ってしまったことがあります。

結局、その後に別の職場に転職したんですが、

今から思うと、本当に人生で無駄な時間でした…。

(最初からホワイト企業にしぼって転職活動すればよかった)

体験談の投稿者

ブラックな職場にまちがえて入ってしまうと、

本当に貴重な人生の時間をドブに捨てて、無意味な時間を過ごすことになります。

めちゃくちゃ後悔することになりますから、くれぐれも注意して下さいね。

 

「ホワイト求人に強い転職サイト」で求人を探すのがコツ

(ホワイト求人に強い転職サイトで求人を探しましょう)

 

最初から年収高めで、しかも働きやすい職場で働きたい人は、

ホワイト求人に強い転職サイトを使って求人を探すようにして下さい。

ブラック企業の求人は最初から排除されているサイトなので、

リクナビやハロワより圧倒的に好条件な求人を見つけることができますよ。

↓例えば、以下のような優良ホワイト求人もたくさんあります。

転職活動ってどこで求人を探すか?によって、

結果がかなり変わってくるので、くれぐれも注意して下さいね。

(ハロワとかで探すとブラックに入ってしまう可能性大です)

体験談の投稿者
  • 20代未経験で年収450万円〜の求人
  • 最短1週間〜2週間で入社の急募求人
  • 年収1000万円も狙える高年収求人
  • 人事や経営企画など人気職種になれる未経験OK求人
  • 誰もが名前を知っているプライム上場大手求人
  • 新規立ち上げメンバー募集など入りやすい職場の求人
  • 第二新卒・フリーター歓迎の正社員求人
  • 将来の幹部候補として入社できる求人
  • 在宅OK・残業なし等ワークライフバランス型の求人
  • 営業マン経験者なら年収650万円〜の求人

>>現在募集中のホワイト求人を見てみる
(無料登録で実際の年収を見られます)

今すぐは転職活動できない人もやっておくべきこと

(今すぐ転職活動できない人も、転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう)

 

いろいろ事情があって、今すぐは転職活動を始められない…という人も、

転職サイトの無料アカウントは精神的に余裕のあるうちに作っておきましょう。

日々の疲労やストレスが限界になると、

転職サイトに登録するという作業すらやる気がなくなるものです。

疲れて仕事から帰ってきたら、

転職サイト見るのすらめんどくさい…ってなるのが自然ですからね。

転職サイトで無料アカウントを作り、

希望年収や志望職種などを入力しておくと、

自分にマッチする求人が出るたびに自動通知してもらえて便利です。

(優良求人が出てきた時に見落としがなくなります

良さげな求人が見つかったら、ブックマーク保存して情報としてストックしておきましょう。

普段から転職サイトから送られてくる求人情報をこまめにチェックするくせをつけておくと、

この業界の年収や福利厚生の相場が自然にわかってきます。

(「ここはちょっとやばいかも…」みたいにブラック求人を自然に見分けられるようになります)

あと、普段からいろんな選択肢を見ておくと、

今の環境がどうしてもしんどくなったら転職もあると気づけるのも重要ですね。

いい意味での「逃げ道」を余裕のあるうちに確保しておくのが大事ですよ。

転職サイトっていろんなところがありますが、

絶対にブラックな職場に入りたくない人は、

↓ホワイト求人に強い転職サイトで求人を探すようにしてください。

マイナビエージェント(おすすめの無料転職サイト)

20代がホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントはホワイト求人が非常に見つかりやすい転職サイトです。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など好条件な求人が多数ありますよ。

↑こちらはホワイト企業の求人に強い転職サイトです。

無料で使えるサイトですので、情報リサーチに活用しましょう。

体験談の投稿者

転職活動を「すべて自力でやろうとする」のは完全に無理ゲー

(転職活動には必ず転職エージェントを使いましょう)

 

この記事を書いている2023年現在、

転職活動をすべて自力でやる…というのは、

完全に無理ゲーになっています(難易度が高すぎるという意味です)

もちろん、ルール的には自力でやってもいいんですよ。

ですが、現在はほとんどの人が転職エージェントを使って転職活動してますから、

自力で頑張ってもまず勝てない状態なのが現実なんですよね…。

体験談の投稿者

受験や資格の勉強でみんなが予備校や資格スクールに通って

高確率で受かるテクニックみたいなものを知っているのに、

自分だけが手探りで独学でやってる…みたいな感じです。

これだと、書類選考すら通らない可能性が高いので注意して下さい。

今どきないとは思いますが、

自分で考えた手書きの履歴書や職歴書…とかは、

どんなに一生懸命書いても見づらくて、

採用担当者にうざがられるだけなんで注意して下さいね。

書類選考は転職エージェント経由で応募するのがごく普通になっています。

転職活動では、独学や自力でがんばろうとするタイプの人って絶対に損しちゃうんで注意して下さい。

大学入試や資格の勉強とかでもときどきみかけますが、

自分で成功法則を見つけよう!

…みたいに頑張っちゃうタイプの人ってだいたい落ちるんですよね。

(集中すべきなのはそこじゃない)

受験も転職も、一番大事なのは合格することです。

それ以外のことは、転職活動が終わってしまえば二度とかえりみることもありません。

そもそも、転職活動なんて人生でそう何度もやることではないんで、

成功法則やテクニックなんて見つけても、あとで使う場所がありませんしね…。

成功法則やテクニック!とかは転職のプロに任せて、

採用を勝ち取ることだけに集中しましょう。

次はこういう仕事やってみたい!って、

進路がなんとなく決まってる人はなおさらですね。

採用確率を確実にアップさせるためにも、

とりあえず転職エージェントの無料相談を受けることから始めましょう。

(リモートでもできますよ)

体験談の投稿者

↓転職エージェントは以下のようなことを代わりにやってくれます。

なお、転職エージェントに報酬を払っているのは採用側だけですから、

私たち転職活動する側は完全無料で使うことができますよ。

  • 書類選考対策(履歴書や職歴書などの添削)
  • 面接のアポイント取りや日程調整の代行
  • 希望する年収や勤務地に合わせた求人候補の提案
  • 年収交渉の代行(面接への同席を含む)

↑特に最後の「年収交渉」は、やるかやらないか?で、

年収が100万円単位で変わってくることもあるので絶対利用した方が良いです。

むずかしい年収交渉を自力でできる人なんてほぼいません。

ただでさえ緊張する採用面接の場で、

給料これだけ下さい…!とか交渉するなんて現実的ではないですしね。

転職エージェントは完全無料なので、使わない理由はありません。

↓個人的におすすめの転職エージェント会社はこちらです。

私も転職活動がうまくいかず苦しんでいた時に相談し、

無事に現在の仕事に転職することができました。

とても親身に相談に乗ってくれますのでおすすめです。

体験談の投稿者

\ 人気のあの職種に採用される!/

公式サイトはこちら

-SE・ITエンジニアの転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.