仕事の悩み

仕事を体調不良で休み過ぎ…。さすがにやばい?クビになることもある?

  • 体調不良が続いて仕事を休み過ぎ…。このままだと解雇されることもある?
  • もし体調不良が理由で退職してしまうと、次の職場を見つけるときに不利になることもある?

体調不良を抱えながらも、解雇されたくないので我慢しながら働いているは少なくないのではないでしょうか。

また、すでに休みが重なり過ぎたことが原因で職場にいづらくなっている…とつらい思いをされている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、体調不良で仕事を休みがちな方が、転職を検討する際に知っておくべきポイントを解説いたします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

仕事を体調不良で休みすぎるとクビになることもあるの?

まずは、体調不良での欠勤が続いている人を、会社側がいきなり解雇することが可能なのか?について、法律のルールを知っておきましょう。

結論からお伝えすると、たとえ体調不良が続いていたとしても、会社側がいきなり働いている人を解雇することはできません。

ただし、会社側が「解雇の手続き」を適切に行って解雇をする場合には、解雇をする権限が認められています。

↓具体的には、以下の3つの条件を満たすときには、会社側は従業員の解雇を行うことが可能です。

ポイント

  1. 就業規則に解雇についての定めがあること
  2. 解雇日の30日以上前に解雇予告をすること
  3. 30日未満で解雇する場合は、解雇予告手当を金銭で支払うこと

ほとんどのケースでは、1ヶ月後あたりに退職予定日を設定し、合意の上で退職というかたちになるでしょう。

どんな状況であっても、「いきなり解雇」というやり方はできないということです。

労働法上は解雇はNGでも、現実的に会社にいづらくなってしまうことも…

ただし、労働者は法律で守られているとしても、

体調不良による欠勤が続くと、現実的に会社にいることが難しくなるケースがあります。

↓具体的には、以下のような状況ですね。

ポイント

  • 他の社員から露骨な顔をされ、「あの人は楽をしている」というレッテルを貼られる
  • 実質的に左遷されてしまい、誰でもできるような簡単な仕事しか任せてもらえなくなる
  • 固定給は変わらなかったとしても、ボーナスなどで他の社員と大きな差を付けられてしまう。

あなたにもすでに心当たりがあるのではないでしょうか?

体調不良から仕事を休みすぎたことがきっかけで、

会社にいづらくなるといった別の悩みをもってしまう可能性があるといえます。

今の職場がどうしてもつらいなら

今の会社にいつづけることがどうしてもつらいなら、

無理をせずに「働く会社を変えてみること」も検討してみてください。

転職して、新たな職場の環境がよければ、つらい日々から抜け出すことができるかもしれません。

また、転職すること自体に罪悪感を持つ必要はありませんよ。

「余計に今の会社に迷惑をかけてしまうし、無理してでも働いた方がよいんじゃ…」と

マイナスに思い過ぎなくても大丈夫です。

不満の多い会社に対して正義感を持ちすぎることはありません。

自分が悪いのではなく、会社の体制や自身の体調に合わなかっただけのことです。

新しい職場で、生き生きと働いて、明るい人生にしたくありませんか?

体調不良が退職理由だと、次の職場で不利な扱いを受けない?

体調不良が退職理由であったとしても、その理由を次の職場に伝える必要はありません

退職理由が、会社を休みすぎたことが原因で、不当な扱いを受けたことだったとします。

しかし、このような退職理由を伝えない限り、

新しい職場では、内容まではわからないですよね。

退職理由を前の職場に聞かれることはある?

「新しい職場から前の職場に対して問い合わせをされるようなことはないのか?」と不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

基本的には個人情報保護法では不可となっているため、問い合わせることはできません

ただし、前の職場の担当者がこうしたルールに疎い場合は、問い合わせに安易に答えてしまう可能性があるため注意が必要です。

採用担当者が問い合わせをしたくなる理由は、退職理由の食い違いや偽りに気づき、不審に思うからです。

疑問を持たれないように、退職理由の詳しい内容を書きすぎないようにしましょう。

すると、問い合わせされる可能性は低くなります。

とはいっても、しっかり書いたつもりでも、どうしても個人の力量には限界があります。

応募書類の添削を含めた総合的な転職サポートをしてくれる転職エージェントの活用がおすすめです。

>>転職エージェントを使って転職活動するメリットについてはこちら

転職活動は「在職中」に始めるのが有利

転職活動は、在職中に始めましょう。

在職中に転職活動を始めれば、不利な扱いは受けにくくなります。

応募先に、キャリアアップが目的で転職したいという意思が伝わり、

さらには前向きな印象を与えます。

辞める意志が固まった時点で、現職に気を使う必要はありません。

これまでの休みすぎたという事実をうまく使うことをおすすめします。

必ず応募先の面接日程を調整する場面が来ますので、

その際に、これまで通り休ませてもらいましょう。

後ろめたい気持ちになるかもしれませんが、前向きに次を見据えて活動するということです。

転職活動で絶対に失敗したくない人へ

読者様

今度の転職では絶対に失敗したくないんです…!

年収は絶対に今の職場より上げたいし、プライベートの時間も確保できるようにしたいです。

そんなあなたは、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

管理人

↓転職エージェントは、あなたと企業の間に入って、さまざまな場面であなたの転職活動をサポートしてくれます。

エージェントがやってくれること

  • あなたが採用される可能性が高い求人をピックアップしてくれます。
  • 逆に「この企業はやめた方が良い」というアドバイスもしてくれます。
  • 応募書類を提出前にチェックし、書類審査に通りやすくしてくれます。
  • 採用担当者との面接スケジュールの調整を代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれます。
  • 企業側とあなたの年収交渉をしてくれます。

読者様

なるほど。これだけやってくれたら確かに採用確率は上がりそうですね。

でも、転職エージェントってなんで無料なんですか?

後からいきなり料金を請求されたりするんじゃ…。

転職エージェントは最初から最後まで無料で使うことができますよ。

なぜかというと、転職エージェントの費用を負担しているのは、採用活動を行う企業側だからです。

管理人

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは、企業側から「こういう人を探してきて欲しい」という依頼を受けて、人材の紹介をするのが仕事です。

最終的に採用が決まったら、企業側から転職エージェントに対して紹介料が払われるという仕組みになっています。

費用は採用活動を行う企業がすべて負担しますので、

お仕事を探している求職者側に料金が発生することはありません。

転職エージェントはあなたの代わりに企業側と年収交渉をしてくれます。

転職エージェントを使っている人と、使っていない人とでは、転職後の年収が100万円単位で差がつくこともあるんですよ。

同じ働くなら少しでも高いお給料で働く方が良いですよね。

今の職場よりも良い条件で働きたい!という方は、転職エージェントを使って転職活動するようにしましょう。

\ 優良なエージェント会社を厳選!/

おすすめの転職エージェントはこちら

転職エージェントを使って転職活動することのデメリットは?

読者様

転職エージェントを使って転職活動することに、何かデメリットとかないんでしょうか?

そうですね。「全部のことを自分でやりたい!」というタイプの人は、

転職エージェントと二人三脚で転職活動をしていくことにストレスを感じるかもしれません。

ただ、エージェントは企業の採用担当者との電話のやりとりや、

応募書類の提出などのめんどうな手続きをすべて代わりにやってくれます。

企業側との年収の交渉なども代行してくれますので、

交渉ごとには絶対の自信がある!という方以外は、エージェントを使った方が良い条件での転職につながると思いますよ。

管理人

【厳選!】おすすめの転職エージェント会社を紹介

読者様

うーん。でも転職エージェント会社っていろいろあって、どこも同じように見えるんですよね。

リクナビとかマイナビとか、どこが一番いいんですか?

以下では、私自身も実際に使ってみて「ここはおすすめ!」といえる転職エージェント会社をいくつか紹介します。

管理人

↓転職エージェント会社にはいろんなところがありますが、それぞれの会社で扱っている求人に特徴があります。

エージェントの得意分野は色々

  • 20代の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 30代以降の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 営業マン向けの求人が得意なエージェント会社
  • 経理や人事などの事務職の求人が得意なエージェント会社

といった具合ですね。

重要なことは、あなた自身の状況に合わせて最適なエージェント会社を使い分けることです。

どこも無料で使えますので、「1社だけを使う!」というのではなく、

2社〜3社に登録しておいて、「自分と相性の良いところをメインで使っていく」という使い方がおすすめです。

マイナビエージェント(20代の方の転職におすすめ)

(マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェントです)

20代の方におすすめ!年収アップが絶対条件ならここ!

マイナビエージェントは、20代の方に特におすすめの転職エージェント会社です。
特徴として、担当エージェントさんが面談でかなりしっかりと「あなたの強み」についてヒアリングすることが挙げられます。
企業側にあなたのアピールポイントをプッシュしてくれますから、実務経験がまだ少ない20代の方でも年収アップにつなげやすいんです。
サイト内では「20代・未経験職種でも年収500万円〜」など、若い人向けの優良求人が多数登録されていますよ。

就職Shop(ニート・フリーター脱出したい方におすすめ)

就職Shopはリクルートが運営する最大手の第二新卒専門エージェントです)

フリーター・ニートを脱出したい方におすすめ!

就職Shopは、フリーター・ニートの方の転職支援に特化しているエージェント会社です。
最大の特徴は、書類選考なしで面接に進める求人が多数登録されていることです。学歴や職歴に自信がない方も安心して使えます。
離職中の方の相談を専門にしているので、エージェントとの面談で嫌な思いをする…なんてことは絶対にありませんよ。
「今すぐニート・フリーター脱出したい」「正社員になりたい」という方は、就職Shopを活用してみてください。

MSジャパン(経理や人事など「事務職」になりたい方におすすめ)

MSジャパンは経理や人事などバックオフィス系の求人を専門で扱う転職エージェントです)

経理や人事など「事務職」になりたい方におすすめ!

MSジャパンは、経理や人事といった「事務職(バックオフィス系の仕事)」の求人を専門で扱っている転職エージェント会社です。
事務職の仕事は基本的には実務経験者でないと厳しいケースが多いのですが、MSジャパンなら未経験者OKの求人が多数登録されています(経理職で未経験者年収400万円〜など)
もちろん、実務経験者向けの優良求人(年収600万円スタートなど)も多数登録されていますので、活用してみてください。

-仕事の悩み

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.