Sponsored Links

退職代行サービスの使い方

「退職代行は裏切りで卑怯」労働者の権利侵害や引き止めへの対処法は?

退職代行 裏切り

退職代行が卑怯な裏切りと批判される理由とは

  • 退職代行を使うことは卑怯な裏切り行為?
  • 挨拶なしで辞めるって失礼なこと?
  • バックレて辞めるのと同じじゃないの?

退職代行サービスは現在は一般的に認知されてきていますが、

中には「退職代行=裏切りで卑怯」という批判をする人も見られます。

しかし、退職代行を使って辞めることは正式な退職として認められるので、決して裏切り行為ではないと言えます。

そもそも、退職代行を使わざるを得ない状況にしている会社に責任があるのです。

この記事では、退職代行が裏切りで卑怯という批判にお悩みの方向けに、

退職代行が裏切りと言われる理由とその批判に対しての考え方を解説します。

退職代行を使いたいけれど、批判が気になって躊躇している方はぜひ参考にしてみてください。




Sponsored Links

「退職代行=卑怯な裏切り」と言われる理由

退職代行 裏切り

退職代行は裏切り行為ではない!

1. 突然会社に来なくなるのは迷惑な裏切り行為

1つ目は退職代行を利用すると、人手不足になることで迷惑がかかるため、

会社への裏切り行為なのではないかという意見です。

確かに、人手不足の会社であれば、突然辞める行為は大きなダメージになるでしょう。

しかし、人手不足になるのは当事者が悪いわけではなく、十分な人員を確保していない会社の責任です。

社員が辞めれば会社は新しい人を雇えばいいだけです。

また、労働者には退職の自由という民法があり、労働者はいつでも自由に退職することができます。

そのため、退職代行で会社を辞めることは決して迷惑な裏切り行為ではありません。




Sponsored Links

2. お世話になった上司や取引先に挨拶もなしに退職するのは無礼な裏切り

次に、退職代行を利用して辞めると上司や取引先に挨拶せずに辞めることになるため、

無礼な裏切りなのではないかという意見です。

もちろん、上司や取引先にはきちんと挨拶をしてから退職をするのが理想ではあります。

しかし、挨拶もなしに辞めざるを得ない状況にしている会社に責任があるとも考えられますよね。

退職の意思を伝えたのに過度な引き止めに合い、辞めたくても辞められないといったケースもあります。

引き止めに合っている場合でも、退職代行を使えばスムーズな退職が可能です。

お世話になった方への感謝の気持ちは大切ですが、まずは自分の退職したいという気持ちを一番に考えましょう。

3. 従業員=家族なのに、そもそも退職すること自体が裏切り

続いて、会社において従業員は家族同等なのに退職すること自体が裏切り行為なのではないかという意見もあります。

これはアットホームが売りであるという会社によくあるかもしれませんね。

しかし、同族経営の場合は血のつながっている家族かもしれませんが、

それを除く場合、当然ですが従業員は家族ではありません。

会社の人は、同じ会社に勤めているというだけの赤の他人であり、

会社を辞めてしまえば二度と会わない人であるということを覚えておいてください。

4. 退職意思を業者経由で伝えるのが卑怯な裏切り

最後に、退職意思を退職代行業者を経由して伝えるのは裏切りなのではないかという意見です。

「正々堂々と自分の口から伝えるべき!」ということですね。

ですが、そもそも何も問題のない会社で働いていれば、自分の口から退職の意思を伝え、円満に退職するはずです。

しかし、それができないということは、会社に自分の口から言い出せない雰囲気があるということになります。

  • 勤めている会社がブラック企業
  • 上司からパワハラを受けている
  • 激務過ぎて退職が言い出せない

こういった場合には、退職代行で退職を伝えてもらうのは有効な方法です。

劣悪な環境で働いて、精神的に追い詰められれば、心身を壊してしまう可能性もあります。

精神的に病んでしまい、働けない状態になってしまっても会社は責任をとってはくれません。

自分の心や身体を守るためにも、退職代行で辞めるのは必要なことだと言えます。

バックレることは禁物

退職代行 裏切り

バックレこそ裏切り行為

退職することは法律で認められた労働者の権利ですが、仕事をバックレることは禁物です。

バックレるとは、連絡を一切せずに急に会社を辞めることです。

中には、退職代行とバックレることを同じように捉えている方もいますが、実際は全く違います。

退職代行は、当事者に代わって担当者が退職を伝えているため、正式な退職として認められます。

退職代行業者を間に挟んでいるだけで、一般的な退職と違いはないということですね。

しかし、仕事をバックレて辞めた場合、退職とは認められず、無断欠勤扱いになります。

  • 懲戒解雇を言い渡される
  • 損害賠償を請求される
  • 退職時にもらう離職票が受け取れない
  • 退職金が貰えない

↑無断欠勤のままバックレて辞めると、このようなトラブルが考えられます。

バックレてしまうと会社に無駄な手間をかけてしまいますし、

これこそ卑怯な裏切り行為ですよね。

トラブルのリスクを減らすためにも、退職代行を使うようにしましょう。




Sponsored Links



Sponsored Links

-退職代行サービスの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.